マクドナルドの藤田 田さん

      (努力)×(時間)=膨大なエネルギー

という公式は、日本マクドナルド社長だった、故藤田 田(ふじたでん)氏のものです。藤田さんは、松江北高の卒業生だったことをご存じでしたか?彼は24歳で藤田商店を始めた時から、毎月銀行に積み立て貯金をしてきました。最初の10年は月5万円、次の10年は10万円、以降は15万円と、続けられたそうです。その預金がいくらになったと思います?49年間で約3億円。通帳は600冊にものぼったそうです。まさに冒頭の「チリも積もれば山となる」ですね。時々マックに入ると、いつも藤田さんのことを思って食べています。『Den  Fujitaの商法①~④』(ワニ新書)には、マクドナルドにまつわる意外なエピソードがいっぱい詰まっていて、面白く読んだのを覚えています。これと同じような本多静六博士の話もよく生徒にしてやるんです。「コツコツ」が一番ですね。

 わが松江北高は、若槻礼次郎、竹下 登という、二人の総理大臣を輩出した学校として知られています。この他にも梅 謙二郎、山本幡男、法月綸太郎、などユニークな卒業生がいっぱいおられます。数年前に、その人たちのことを『図書館報』に書いていますので、それをアップしておきますね。読んでみてください。

     ・八幡成人「松江北高散策」 『図書館報』 第98号掲載 2010年

 生徒たちにはいつも教室で「本、音楽、講演、映画、コンサート、授業、食べ物、景色、人間、すごいものに心を動かされてごらん。生活が変わるから」と言っています。私は、各地でいろいろな人に出会い、素敵なお話を伺い、いい音楽を聴き、いい映画に巡り会い、本をむさぼるように読み、美味しいものを食べ、美しい自然に触れ、とてつもないマジックに、感動の日々です。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク