トリックアート

 3月18日に、岡山市デジタルミュージアムで始まったばかりの「トリックアート展」をのぞいてきました。「エッシャーのだまし絵」などが大好きな私にとって、たまらない企画展でした。遠近法・陰影法・色・照明の組み合わせで光の屈折・反射を作り出し、目の錯覚を引きおこし、見る角度によって絵の印象が変わったり、額から絵が飛び出して見えるものです。山陰でも、浜田・境港・松江でもやっていたんですが、仕事が忙しくてのぞくことができませんでした。それがたまたま出張した岡山の駅前でやっているなんて、ラッキー!ただ日曜日ということもあってすごい人だかりで、行列に並んで、家族連れでにぎわう中、もみくちゃにされながら見学してきました。今にも飛び出してきそうでしょ?

▲会場で購入した「錯視トランプ」

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク