図書館オリエンテーション

 松江北高では4月に1年生全員、5月に2年生全員を対象に「図書館オリエンテーション」を行います。1年生には図書館の基本的な利用の仕方を、2年生には発展的に調べ学習をするために図書館をいかに活用するか、を学びます。昨年は1年間で8,180冊(生徒一人あたり8.8冊)の貸し出し数を記録しました。「読書感想文コンクール」では3年連続島根県第1位を受賞しています。

 松江北高図書館では毎月「らいぶらりぃ」という情報紙を発行して、生徒・先生方に情報発信をしています。今月は新たに改訂した「北高百選」を取り上げています(英語では木村達哉先生と竹岡広信先生を取り上げています)。アップしておきますので、ぜひご覧ください(松江北高のホームページでもフルカラー版を読むことができます→コチラです)。

・松江北高図書館発行「らいぶらりぃ」5月号

 北高のお隣の島根県立松江南高等学校(私はこの学校に13年間勤務し、ここで育てていただきました。思い入れの強い学校です)では、各教科と図書館がコラボした、「探究型学習」の非常に優れた実践(年間230時間!)を行っておられます。昨年の図書館の中国大会でもご発表になり、各県の先生方の絶賛と注目を集めておられました。このたび文部科学大臣表彰を受けられました。おめでとうございます。ご興味のある方はコンタクトしてあげてください。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク