追悼・坂井泉水さん

 2007年の5月27日に、3年生の授業を終えて帰ってきたら、机上のパソコンに同僚の先生からメールが入っていて先生、ZARDの坂井泉水さんが亡くなりました!とあり、愕然としました。病気(子宮頸がん)だったことも全く知りませんでした。手すりに乗っていて3メートル下に転落、病棟脇の非常階段で倒れているのが発見。脳挫傷でした。まだ40歳!ZARDの歌は大好きで、昔はファンクラブにも入って応援していたものです。先月4月14日(土)付の『朝日新聞』の朝刊別刷り「be」の『うたの旅人』というページで、ZARD「負けないで」2ページに渡り詳しく取り上げられていて、懐かしくもあり、思い出していました。命日が近づいています。

 坂井泉水さんは、メディア露出が極端に少なく、「テレビ等に出演しない」というスタイルを貫いた先駆者です。デビュー当初はともかく、3年目にシングル「負けないで」で大ブレイクして以降は、テレビ出演・ラジオ出演がほとんどなくなり、全盛期にメディア露出やライブを全く行わなかったため、世間に露出をしないアーティストとして強く印象付けられることになりました。デビュー以来3700万枚以上のCDを売り、16年間の歌手生活でテレビ出演はたったの7回。テレビに出なかったのは,彼女が極度に緊張してしまい、良さが伝わらないと考えたから。それに何より、曲作りに力を傾けていたからとプロューサー。彼女の魅力は何と言っても、その研ぎ澄まされた詩にあります。以前に「追悼展」で直筆のノートを見る機会がありましたが、言葉を選び、何度も何度も詩を書き直している様子が伝わってきました。一切の妥協を許さず、レコーディングの最終段階では20回でも30回でも歌い直したといいます。90年代に最も売れた女性シンガーですが、ただのアイドルではなかったことがうかがえます。昨年出た3枚のDVDを見ながら思い出に浸っていました。

 東京・鳥居坂で開催されている「Zard Gallery」(~5月末)に、お別れに行ってきました。坂井さん愛用のキーボード、ギター、ペン、作詞ノート、直筆原稿、ジーンズベストショット写真を眺め、特別上映されていたフィルムを鑑賞して当時を懐かしく思い出しました。入り口のショップで、写真集、ポスター、しおり、ノート、ファイルなどを購入して、名残惜しい会場を後にしました。合掌。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク