『重要問題演習(筆記)』の効果的な活用法

▲今年度版『重要問題演習(筆記)』

 『2013進研[センター試験]対策英語重要問題演習英語(筆記)』(ラーンズ)「ナビゲータ」が好評のようです。お使いいただいている先生方、ありがとうございます。今年度版は先生方・生徒諸君の強い要望に応え、本文中にあったまとめのナビゲータ部分を小冊子に分離して、利用の便をはかっています。大切なポイントが分かりやすくまとめてありますので、ボロボロになるまで使い込んでいただけたら嬉しく思います。この「ナビゲーター」は、過去のセンター問題全てを徹底分析した成果を凝縮したものですので、信憑性の高いデータとなっていますよ。

 センター対策を早くから意識される学校では、二年生からお使いいただいているようです。ナビゲータ部分だけでなく、実は、付録部分をことのほか喜んでいただいている学校も多いんです。「発音のルール」「意外な意味を持つ単語リスト」「語句整序で狙われる重要表現リスト」「長文読解問題言い換え表現リスト」「読解問題 性格・心情を表す形容詞リスト」「英単語の成り立ち」「基本動詞×基本前置詞・副詞」「受験上の最終注意」などが重宝されているようです。これらをデータで欲しいという要望も多数聞いております。いずれにしても、センター試験の「勉強の仕方」「ナビゲータ」「付録」で押さえてもらって、後は問題演習を徹底的に行っていただく、これがこの本の有効な活用法です。ナビゲーターの小冊子は絶えず携行して、模試の度ごとにマークを入れながら、10回でも20回でも確認していってもらいたいと思います。来年の本番の頃には、この冊子がマークだらけに、そしてボロボロになっているはずです。これでバッチリ!今日はこの本の効果的な活用法についてお話ししました。

 今日も私のブログをのぞいてくださってありがとうございました。毎日飛び回っておりますが、授業に全力投球しております。

カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク