松江北高生の大活躍!

 この夏のインターハイ総文祭で、松江北高生が大活躍してくれています。110m障害で3年生矢田 弦くんはインターハイで2位に、スペイン帰りの3年生金森和貴くんは100mで5位、200mで6位に入賞しました(やはり疲れはあったようです)。弓道部女子は団体戦で4位に入賞しました。合唱部も県大会を金賞で勝ち上がり、中国大会へコマを進めています。

 2年生の百人一首かるた部の岡田 優さんは、富山県で行われた「第36回全国高校総合文化祭」かるた部門・読手コンクールで、何と最優秀賞・日本一に輝きました。日本語の発音の美しさ、札を読む速度が一定であるかどうか、競技者からの聞き取りやすさ、よどみない朗唱、伸びやかで優雅な声、などが評価され、高校生日本一の栄冠を手にしました。200人の取り手を前に、90分以上かけて100首を堂々と読み上げました。島根県からは8年ぶり3人目の栄冠です。日頃の稽古の賜ですね。おめでとうございました。

 松江北高では、勉強だけでなく、部活動などさまざまな領域で「二兎を追え!」と提唱しています。「文武両道」を口だけに終わらせずに、実践してくれている生徒が多いのは誇らしいことです。後輩達には後に続いて欲しいものです。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク