自由英作文

 今日は自由英作文のお話です。ベネッセのGTECは生徒の作文力を測る弁別生の高い教材です。受験する前に少し英語の論理構成について触れておいてやると、高評価の答案が書けるようになります。思いついたことをいくらダラダラと書いても、ネイティブの採点者からは高い評価はもらえません。英語の論理展開には一定のルールがあるのです。そこら辺をきちんと押さえておくと、読解にも役に立ちます。松江北高で使っている資料は、ダウンロードサイト「二次試験対策」の2月16日付けで「自由英作文の解き方」として登録してありますので、ご利用ください。鬼塚幹彦『自由英作文のすべて』(研究社、2010年)という参考書が非常に分かりやすくて参考になります。

 今日は埼玉県志木市の細田学園高校萩原貴之先生から自由英作文の演習資料をご提供いただきました。ダウンロードサイトの「二次試験対策」に登録させていただきました。みなさんで共有させていただきます。ありがとうございました。

  • 「自由英作文演習資料」  埼玉県細田学園高校 萩原貴之先生提供

 会員の先生方にお願いします。私がこのようなサイトを始めた動機は、なかなかふれあう機会のない他県の先生方の資料を、手軽に見ることができ、それを参考にして、更に進化させていってもらいたい、という思いからでした。現に私の模試の「見直しプリント」(ダウンロードサイトに各種登録)に触発されて、たくさんの先生方が学校独自の復習プリントをお作りになっておられます。そのようなきっかけにしていただければ、高いお金を出して始めた甲斐があろうというものです。無料でご利用いただいているのもその思いからです。ここに来れば、全国各地の先生方のお作りになった各種資料が閲覧できる、この趣旨をご理解いただき、ぜひ先生方のお作りになった英語指導資料を、一編で結構ですのでお送りください。そして全国の多くの会員で共有させていただき、さらなる高みを目指したいものです。ご協力をお願いします。

★資料の送り先→ yawata@hb.tp1.jp 八幡宛

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク