ふくや

 博多と言えば「明太子」。明太子のお店は数あれど、私がいつもお邪魔するのは「ふくや」さんです。ここの「レギュラー(辛口)」がお気に入りです。ごはんが進みます。

   昭和23年10月5日、博多・中州の一角に小さな食料品店が生まれました。店主の名は川原俊夫。妻千鶴子とともに始めたこのちっぽけなお店が、その後半世紀以上も続く「ふくや」の歴史の第一歩でした。翌昭和24年1月10日、川原俊夫は今まで誰も食べたことのなかった新しい味を店に並べました。これが日本初の「明太子」です。これから明太子を作ろうという人たちにも製造法を公開し、今や明太子は博多を代表する名物に成長しました。現在さまざまな形で展開している明太子は、ふくや創業者・川原俊夫が創り出した味が原点なのです。

 ふくやさんに行くと、商品を包んでもらっている間、お茶が出されます。ちょっとした心遣いが嬉しいですね。お店はこうでなくちゃ。

カテゴリー: グルメ パーマリンク