水木しげるロード

 本当に久しぶりの休日で、境港「水木しげるロード」へ行ってきました。まずIMG_1290米子駅の0番ホームから出る境線の列車に乗り込んだんですが、休日ということもあって家族連れでごったがえしていました。列車の車体には、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターたちが描かれていて、子供たちは大はしゃぎ。いつもは新幹線や特急列車ばかり乗っている私も、こんなローカル列車の旅ものんびりといいもんだ、と思った次第です。50分で到着した境港駅前には、2010年3月8日、水木先生の87歳のお誕生日に、奥様原案のNHK朝の連IMG_1292続テレビ小説「ゲゲゲの女房」2010年3月29日放送開始を祝して、新ブロンズ像「水木しげる夫妻」も建てられました。これで境港駅前から本町アーケードの約800m(徒歩約15分)の間に全部で139体の妖怪達が立ち並ぶことになります。私はどれがどの妖怪なのかさっぱりわかりませんでしたが、駅からひたすらまっすぐ「水木しげるロード」を進んでいくと、鬼太郎の妖怪たちが各所で出迎えてくれました。妖怪たちをパチパチ写IMG_1308真におさめながら、1キロぐらい歩くと「水木しげる記念館」があります。水木先生の生い立ちと、妖怪たちの紹介が所狭しと展示してありました(いまいち物足りないか)。休日とはいえ、境港全体がお客さんでごったがえしていたという印象でした。ロードのいたるところに、妖怪グッズを販売するお店がたくさん立ち並んでおり、私は「妖怪トランプ」「妖怪輪ゴムホルダー」を求めて、帰りの電車に乗りました。こんなに近くに住んでいながら、一度も行ったことがなく、どうしても訪れてみたい場所だったのです。満足、満足!

IMG_1296

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中