言いっ放しは許さない

 二次対策で長文演習をずっとやってきましたが、英語の評論文の大きな特徴として、言いっ放しは許さない」ということを実感してくれるといいなと思って、指導してきました。英語は必ず「立証責任」を全うしないといけない言語です。あることを主張したら(抽象)、必ずその説明理由証明を続けなければいけない(具体)のです。言いっ放しは許さないのです。それに対して、日本語は言いっ放しを割と許容してくれるところがあります。おそらく、単一民族である日本人はそこまで言わなくてもまあまあ、という感じなのかもしれません。多民族国家である英語圏では、きっちり言わないと伝わらないという背景があるのでしょう。このことが分かると、英文の読み方が変わってきます。次を予想しながら読むようになってくるのです。これが分かると、結構読むのが楽しくなってきますよ。

IMG_1535

 徳島県の英進舎の新川浩司先生より、英語の不規則動詞の整理表が送られてきました。高等学校レベル、中学校レベルに分かれており、小テストもついています。高校入門期の基礎指導に重宝する資料です。「ダウンロードサイト」に登録させていただきました。どうぞご利用ください。新川先生ありがとうございました。

  • 「不規則動詞の整理」    徳島県英進舎 新川浩司先生ご提供

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中