ショッキング・カード

  ちょっと古いものですが、アメリカ・ナンバー1のマジシャンであった故ダイ・バーノン(The Professor)* が考案し、氏のフェイバリット・ルーティーンとして大切にしていたカード・マジックです。古いマジックですが、今でも十分不思議で新鮮味があります。傑作中の傑作です。♠♣♥♦

 5枚のジャンボ・カードを使います。スペードの1~5までのカードが揃っているところを観客に示します。その中のスペードの1を裏向きにして重ねます。さらに、スペードの5も裏向きで重ねます。さて、ここでスペードの5を取り除くと・・・何と、残りの4枚のカードが全てAに変化してしまいます!表も裏も見せられる素晴らしい手順です。

*ダイ・バーノン…バーノンの手にかかったマジックは、バーノン・タッチと呼ばれる独特な雰囲気を帯びる。誰の手でも演じられるように構成された作品が多い。膨大な知識量から「プロフェッサー」の尊称で呼ばれ、世界中のマジシャンから親しまれた。マイケル・スキナーやラリー・ジェニングスといった偉大な弟子を残す。 インタビューで「3歳からマジックを始めた。0歳からの3年間が惜しい」と答えたという逸話がある。来日した時には、日本の澤 浩さん(Dr.Sawa)の演技を、涙を浮かべて激賞したという。その澤さん(歯医者さんです)の奇術をあますところなく描いた『澤 浩の奇術』(DVD付、東京堂出版)が最近出版され、話題となっている。イラストは小野坂トンさんが描いており、いつもながらに見事な挿絵となっている。奥の深い研究書である。 IMG_1371

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中