稲盛哲学

 

 DSCN0019最近、日経トップリーダー編『経営者とは~稲盛和夫とその門下生たち』(日経BP社)を読み終えました。中でも第1章の「稲盛和夫は語る」は圧巻でした。 

 「物事には必ず判断基準があるのです。物であれば、重さや長さで測ります。そして人生にもやはり判断基準があります。その基準は非常に簡単です。人間が生きる上での基準はただ一つ、人間として何が正しいかです。正しいことは何かというと、正直で嘘をつかない、勤勉で怠けてはならない、謙遜で傲慢であってはならない、足るを知り、貪欲になってはいけない、自分の利益を考えるより、他人の利益を考えなくてはならない…。こうした基準に照らして人は生きなければならないし、また企業経営もしなければならないのです。ただし、正しいことを貫けるかどうか、そこが問題です。」

 そして門下生たちに「経営とはどういうものか、これから見せてやる」と、JALの再建に乗り出し、見事に復活を果たす。「おまえの一生懸命さは認める。けれど、志が低い」「もう駄目だと思ったときが、仕事の始まり」など、お弟子さんたちに発した言葉の数々が第2章に紹介されています。

 稲盛さんのホームページを見ると、毎週月曜日に名言が更新されます。今週は「成功に至る近道などあり得ない。情熱を持ち続け、生真面目に地道な努力を続ける。このいかにも愚直な方法が、実は成功をもたらす王道なのである。」でした。ここに挙げられた言葉の数々は本当に参考になります。バックナンバーも読むことができます。さらには「六つの精進」として、稲盛さんが常に心に言い聞かせて実践しておられるポイントが挙がっています。

だれにも負けない努力をする

人よりも多く研鑽(けんさん)する。また、それをひたむきに継続すること。
不平不満をいうひまがあったら、1センチでも前へ進み、向上するように努める。
 
謙虚にして驕らず
「謙は益を受く」という中国古典の一節のとおり、謙虚な心が幸福を呼び、  
魂を浄化させることにもつながっていく。
 
反省ある日々を送る
日々の自分の行動や心のありようを点検して、自分のことだけを考えていないか、
卑怯(ひきょう)な振る舞いはないかなど、自省自戒して、改めるよう努める。
 
生きていることに感謝する
生きているだけで幸せだと考えて、どんな小さなことにも感謝する心を育てる。
 
善行、利他行を積む
「積善の家に余慶あり」。善を行い、他を利する、思いやりある言動を心がける。
そのような善行を積んだ人にはよい報いがある。
 
感性的な悩みをしない
いつまでも不平をいったり、してもしかたのない心配にとらわれたり、
くよくよと悩んでいてはいけない。そのためにも、後悔をしないようなくらい、
全身全霊を傾けて取り組むことが大切である。
 

 そうこうしていたら、稲盛さんのJAL再建をまとめた大西康之『稲盛和夫最後の闘い JAL再生にかけた経営者人生』(日本経済新聞社)が届きました。①2万人近くの人員削減を実施した後に残った3万2000人の雇用を守ること、DSCN0160②日本の航空業界の大手が全日空1社となり、健全な競争のない独占状態に陥ることを防ぐこと、③JALの再生失敗が与える日本経済への悪影響を食い止めること、の三つの大義からJALの再建を引き受けたと言われています。しかし陣頭に立つにあたって、心に秘めたもっと大きな狙いは、日本という国に経営者としての遺言を残すことだったのです。腐ったJALを立て直すことができれば、苦境に陥っているすべての日本企業が「俺たちにもできるはず!」と奮い立ってくれるのではないか、そこから日本を変えられるのではないか、と一点突破を目指したのです。再生に見事に成功して、経営の一線から完全に手を引いた2013年3月19日の記者会見の席上で、稲盛さんは「日本企業のリーダーは、もっと強い意志力で会社を引っ張っていかなければならない。経営には格闘技と同じように闘魂がいる。闘志なき経営はダメだ。経営者は、自分の会社をなんとしても立派にしてみせる、という闘魂を燃やしてほしい」と述べられました。命を縮めてでもやり通せねばならない、「よく見ておけ、これが経営だ」と、日本再生に遺言を残されたのです。いい本でした。『「結果を出す」リーダーに変わる方法』(PHP)の巻頭インタビュー「社員の心に火をつけた名経営者のJAL再建の舞台裏に迫る」と、原 英次郎『心は変えられる 稲盛和夫流・意識改革』(ダイヤモンド社)を重ね読むと、さらに稲盛さんの実践の中身が見えてきます。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中