「恋バス」

 bus,automobile,transportation,vehicle,car,transport小田和正さんと矢井田 瞳(やいだひとみ)さんの出会いは、2006年11月のことでした。ヤマハギター誕生40周年のイベントが東京都内で開かれ、そこに最年少で参加したのが「ヤイコ」こと矢井田さん、最年長が小田さんでした。打ち上げで談笑した二人は、その後もライブを訪れたり、コーラスで参加したりと、互いに交流を温めてきました。その二人が「一緒に曲を作ろう」となったのは、2007年12月小田さんがホストを務める年末恒例の音楽番組「クリスマスの約束」(2001年―)においてでした。二人はスタジオに入ると、「クリスマスっぽく、少しアッパーな感じの曲にしよう」と小田さんが提案し、特別な夜にときめく女心を歌い上げた曲を、8時間で完成させました。タイトルの「恋バス」はヤイコが命名。テレビの公開収録で一緒に歌った後、CD化することになりました。レコーディング・スタジオを訪れた小田さんはバックコーラスで参加です。矢井田さんは「私にとって雲の上の小田さんが、ずっと隣にいてくれて、一緒に作業しながら、多くのことを学ばせていただきました」と、あこがれの大先輩に感謝です。このレコーディングの模様がユーチューブで公開されています。小田さんの最も得意とする追っかけコーラスが、何とも素敵な共演となっています。矢井田瞳&恋バスBAND with 小田和正名義で発売したシングルで、2008年12月3日の発売でした(青空レコード)。“日本バス協会”の冬のイメージ・ソングにもなった曲です。サビの部分の二人の掛け合いが印象的な心温まるミディアム曲。私はこの曲がお気に入りで、元気が欲しい時には、今でも食卓のステレオで時々かけていますよ。⇒「恋バス」はコチラ

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中