いのちの理由

さだまさし 「第55回日本レコード大賞」特別賞を、さだまさしさんが受賞しました。デビュー40周年、前人未踏の4000回のコンサートなどが評価されたものでしょう。昨日の生放送で「いのちの理由」を歌われました。じっくり聞くと本当にいい歌です。東北の被災地に歌いに行って一番喜ばれる歌がこれだったそうです。

 番組内でも語っておられたように、これは、宗祖法然(ほうねん)上人800年大遠忌を記念し、さださんに「法然上人をたたえる歌」の制作を依頼していたもので、彼の2012年のアルバム『美しい朝』に収録されています。浄土真宗の自分が法然さんの歌を書いていいものか、という葛藤もあったそうです。老若男女を問わず、誰にも口ずさむことのできる、優しさの中にも力強いメッセージが込められたすばらしい曲です。発表時に次のようなコメントをさださんは書いておられます。

  制作にあたって、法然上人に関する資料を読みながら、皆さんに分かりやすいように、自分なりに解釈しました。みんな救われたいなど、どう救われたらいいのかがわからないというのが実状ではないでしょうか。この曲を聴いていただいて、それをイメージしていただければありがたいです。もともと鎌倉仏教に興味がありました。当時、比叡山からすばらしいお坊さんが何人も輩出されましたが、その中でも法然上人は革命的な方だと思っていました。素晴らしい方の言葉は、短くて分かりやすくて力強い。なぜ生まれてきたのかという疑問を法然上人のお考えと組み合わせて自分なりに表現したつもりです。この曲の実際の制作時間は1ヵ月ほどですが、音楽活動をしてきた35年をかけて作ったといえるのではないでしょうか。今まで私が経験してきたことが全てこの曲に入っています。「幸せになるために誰もが生まれてきた」というフレーズは譲れません。

 2014年年明けさださん最初の生放送は、大阪フェスティバルホールのカウントダウンコンサート後から「年の初めはさだまさし」NHK 1月1日0時15分です。

カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中