15分活用法

 竹内 均(たけうち ひとし)先生から教えてもらったことの一つに、「15分活用法」というのがあります。チョットした「スキマ時間」を上手に使うことで、結構なことができる、ということを竹内先生は自らの行動で実践しておられました。東京大学の地球物理学の教授、雑誌『ニュートン』の編集長、代ゼミの校長、休日は全国を講演に飛び歩かれる中で、TVやCM(メガネの三城)にも出演、さらにはあれだけの膨大な論文・著作を残されるには、皆に平等に与えられた24時間を上手に使うしかないのでしょう。竹内先生は夜8時に寝て、朝4時に起き勉強する、というスタイルを終生変えることがありませんでした。そして、それを支えたのは竹内先生の奥様でした。研究に講演会にTV出演にと多忙な先生のために、毎朝4時に起床し朝御飯を作り続けたそうです。さすがに、先生も夫人には頭が上がらなかったようです。

 私はスキマ時間に、英字新聞をカードに貼り付けたり、読書、教材の活字化、メール、などを手際よくこなしています。先生、忙しいのに、よくこれだけ毎日のようにブログの更新ができますね」と言って頂く先生が結構おられるんですが、実は、チョット暇のある時間を利用しては、約5ヶ月先(!)の記事まで作ってあります。そしてタイムリーな話題を時々はさんでいるだけなんです。私のよく言う、「先へ、先へ」の精神です。私は朝6時半に北高に登校して、始業時の8時過ぎまでの2時間あまりを、今日の授業の準備やら、添削の用意、資料の作成、質問にやってくる生徒の対応、などに充てています。どうせ家にいても大したことはできないので、それなら少しでも朝の時間を有効に使うために、このようなことをもう長年続けています。先人の言う「チリも積もれば山となる」チョットしたことでも、長年続ければ大きな成果が得られるものです。最近では若い先生の中にも、私よりも早く来る先生が現れ始めました。とても頼もしく思っているところです。

 竹内先生の本はどれも勉強になりますが、1冊だけと言われれば、『勉強術・仕事術 私の方法』(知的生き方文庫)をお薦めしておきます。「頭をよくする特効薬」「忙しい人の時間の有効な使い方」「頭を鍛える本の読み方」「頭の疲れをとる3つの方法」など、具体例をふんだんに使いながら、分かりやすく書いてありますよ。竹内先生には本当に多くのことを教えてもらいました。

 よく「時間が無い…」「忙しくてできない…」「時間が足りない…」と、グチをこぼす人がいます。上の竹内先生の生き方を参考にされるといいと思います。ミスター講道館」と言われた日本柔道の創始者・オリンピック競技の功労者でもあった嘉納治五郎先生は、学生に対して常にこんなたとえ話をしていたそうです。時間は工夫して作るもの、という教えです。

 よく時間がない、時間が足りぬとかこつける人があるが、時間というものは、たとえば泉の水のように、いくらでも出て来るものである。たとえばここに一升枡があるとして、その中に粟を一升入れたら、もう何も入らないかといえば、決してそうでなく、その粟の間に豆粒を入れれば、まだ大分入るわけだ。もうそれで入らないかといえば、その間に粟粒を入れたらまだ相当入る。それに水を入れたらまだまだ入るだろう。そのように時間の活用には、上には上があるもので、それをもっとも有効に利用したものに、もっとも立派な仕事ができるものだ。

 今年の更新はこれが最後です。「チーム八ちゃん」にご声援ありがとうございました。私は朝から溜まった資料の整理やら、溜まったマジック用品(面白いものを今年もいっぱい買ったんだ)をせっせと蔵へ運搬、物置の掃除、大掃除やらで精を出しました。昔の切り抜きで面白いものがいっぱい出てきて懐かしかったです。また紹介しますね。そして、今年最後の本屋さんをのぞき、パトリック・フォス・酒巻バレット有里『日本人に足りないネイティブの英単語100』(草思社)、大西泰斗・ポール・マクベイ『たった12単語でわかる英語のきもち』(中経出版)、小西康夫『驚き。英単語 えっこんな意味が?!』(開拓社)、小西勝俊(編)『体系英語長文』(教学社)、矢部輝夫『奇跡の職場 新幹線清掃チームの”働く誇り”』(あさ出版)の5冊を買って帰りました。今夜は、頼まれている原稿を書いて、紅白で髙橋真梨子さんを見て、さださんの生さだを見て寝ます。来年も頑張りますので、また応援をお願いします。それではみなさん、よいお年をお迎え下さい。

感謝の言葉

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク