石賀 昇校長先生

 13年間勤務した島根県立松江南高等学校でお仕えした、故石賀 昇(いしがのぼる)校長先生のお話です。たくさんの校長先生に仕えましたが、始業式などの式典で、生徒が録音機を持って体育館に集まってくる校長先生は、この方お一人だけです。本当に格調の高い、それでいて心に染みる話をされる先生でした。校長の話など、まず生徒は覚えていませんが、この先生だけは違いました。生徒のために、周到にお話の準備をされていました。先生がお亡くなりになった時に発行した、私の学級通信「あむーる」の記事を再録してみます。先生の奥様から葬儀の際に、この文章を親戚一同に配ってもいいか、と言われたものです。先生の人柄が偲ばれます。

葬儀用のリース▲まさかの訃報だった。まだまだお元気で活躍してもらわねばならない人だった。4月に大田に異動してきたときには、病院も退院して週1回の通院で少しずつ良くなっているとのことだった。「人間できることには限界がありますので、無理をしないで最善を尽くされるよう願っています」と励ましていただいた所だった。今年はなぜか親しくさせていただいた人が次々に亡くなっていかれる。「お前も歳をとったのさ」とある先生。▲2年間石賀校長には仕えたが、強烈な印象のある校長だった。赴任早々4月のPTA総会の前日、校長室に呼ばれた八に、石賀校長は「自分は現場を離れて長いので、今の受験制度が分からない。自分に分かるように説明しろ」とおっしゃる。「校長先生、それは僕たちが保護者に説明しますから」と八が言うと、「それではだめだ。保護者に伝えることを自分が理解していないでは申し訳ない。ちゃんと説明してくれ」と頭を下げられた。八も長い間いろんな校長に仕えたがこのような真摯な校長は初めてであった。また校長室に呼ばれた。自分は現在の南高の成績をこのように分析したが「間違っていないか?」と尋ねられた校長の手には御自分で書かれたグラフが。感動したものだ。模試が終わるたびに学年担当が校長室に呼ばれて、分析を報告に行った。こっちも一生懸命問題点を分析したのでいい勉強をさせてもらった。向上心の強い先生であった。もっと素晴らしい南高を自ら模索する校長であった。始業式や終業式でのお話は生徒へのメッセージであるとともに我々教員への発信でもあった(ある時ふとそのように八に漏らされた)。それも知的で格調の高いお話を毎回聞くことができた。生徒がカセット録音機を体育館へ持参して校長先生の話を録音する姿など、南高の歴史にかつてないことであった。それほどいいお話をされるのである。「読書量が違う」とある先生は敬愛しておられた。「読め」と英文の雑誌を持ってきていただいたこともあった。校長室の机には、木製ホルダーにカードが整然と整理されており、それには既に生徒に話したテーマ、まだこれから話してやりたいテーマの要約が納められていた。あるとき八に「自分はめったに全校生徒に話す機会がない。少ないチャンスだからいい話をしてあげたいのだ」と話された。我々も毎回体育館に足を運ぶのが楽しみだったものだ。3月の大学合格発表のシーズンには毎日進路指導室に足を運ばれ、生徒の合格状況を聞きながら、生徒に激励を忘れない人であった。東大の合格発表の日、電話連絡が入って受験者全員が合格した(初めての快挙)のを聞いた校長先生と我々が大声で万歳をしたところ、隣の保健室で高校入試の別室受験をしており、「うるさい」と怒られたことも懐かしい思い出である。子供みたいな心も持ち合わせた先生でもあった。車に乗られず毎日早朝の汽車で米子から通勤しておられた。車中絶えず生徒にも声を掛け、いろんな情報を生徒から仕入れておられた。松江南高校の「進路検討会」は400人の生徒の進路希望や成績を1人1人徹底的に分析し、4日間深夜遅くまで続くので有名だが、会議中ご自分でもしっかり分析され(普通の校長はただ聞いているだけ)終わるときには今年の予想が出来上がっていた。400人の調査書を全部目を通され、ここはこうするともっとよくなると助言をいただいた。それがまたさすが国語の先生だ、うまいのだ。感心してしまうこともたびたびだった。「お前は読みやすいかわいい字を書く」と誉められたのかけなされたのか分からなかった。退職時にはフランス料理をご馳走になり、思い出話に花を咲かせた。御退職後も時々お電話をいただき、「~がわからない。教えてくれ」と相変わらずのお声を聞くことができた。「たまには学校に来てくださいよ」とお願いすると、「一度やめた人間が学校へ顔を出すのはどうかと思ってね」と後任校長への配慮も忘れない方であった。▲米子カトリック教会でおごそかに葬儀が行われた。遺影を目前に涙が止まらなかった。母の葬儀で泣いたのが7月。また泣いてしまった。   (「あむーる」1998年11月7日号)

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中