小田日和

 大好きなシンガーソングライター小田和正(おだかずまさ)さんの3年2か月ぶりとなるオリジナルアルバムが、7月2日に発売予定ですが、タイトルが『小田日和』(おだびより)に決定しました。66歳9か月小田日和の年齢作品となります。オリコンのランキングで、オリジナルアルバムの史上最年長首位記録(63歳7か月)を保持しているのが小田さんですが、間違いなく、自らこの記録を更新します!あと何枚、オリジナルを出せるか。最後…から2番目のアルバムという気持ちで、頑張っていきたい」と意気込みを語っていました。作品作りに徹底的にこだわる性格だけに、曲作りは思う様には進まず弱気になったことも何度もありました。「小田史上最も七転八倒したアルバム」(関係者)となったそうです。4月から猛スパートをかけ、「めざましテレビ」では毎週、その苦悩する姿が放映されていましたから、全力を尽くした」と語る小田さんに心から拍手を送りたいと思います。今日5月28日(水)の「めざましテレビ」の特集では、何度も何度も歌い直す小田さんの姿、特有の「ちょいズラコーラス」に協力するお馴染み根本 要・佐藤竹善さんの様子が報じられていましたね。

 小田さんのアルバム・ジャケットは3作連続でイラストでしたが、今作は『MY HOME TOWN』(1993年10月発売)以来21年ぶりに、自身の写真を撮り下ろしました。60半ばを超えたジジイの写真なんて誰も見たくないよ」と拒み続

▲「小田日和」を伝える「デイリースポーツ」

▲「小田日和」を伝える「デイリースポーツ」

けていた小田さんですが、周りのスタッフの熱意に応える形となりました。本作には、世界最高峰のベーシストと称されるネイザン・イーストの最新アルバムに提供した「Finally Home」に小田さんが日本語詞を付けてカバーした「mata-ne」、NHK総合の時代劇『吉原裏同心』(6月26日放送開始)に書き下ろした「二人」などを収録。さらに「言葉にできない」「たしかなこと」に続く明治安田生命の新CMソングとして10年ぶりに書き下ろした新曲「愛になる」は、小田さん自ら「今回のアルバムとツアーの要となる楽曲」と語っています。
6月28日からは、このアルバムを引っ提げて25万人を動員する全国ツアー「本日 小田日和」(18会場36公演)がスタートします。このアルバムの「特設サイト」では、新曲の動画を数本見ることができるようになっています。⇒コチラです

<収録曲>
1. そんなことより 幸せになろう

2. この街
3. やさしい風が吹いたら
(テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」主題歌)
4. 二人
(NHK 時代劇「吉原裏同心」主題歌)
5. 今のこと
(ソニー「4K ブラビア」 CMソング)
6. 愛になる
(明治安田生命 CM ソング)
7. 彼方
(JRA 「エマズウィッシュ物語」 CM ソング)
8. その日が来るまで
(映画「救いたい」主題歌)
9. mata-ne
(ネイザン・イースト提供曲「Finally Home」日本語セルフカバー)
10. やさしい夜
(テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ)

 これとは対照的に、ASKAが逮捕されました。日を改めてこれについては記したいと思います。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中