「トリックハンター」レギュラー放送に!

 今まで特番で過去7回放送で放映されていた番組「トリックハンター」が、いよいトリックハンター2よレギュラー放送化され、スタートしました(毎週水曜日夜7時)。超能力、マジック、ミステリー、ヒットのからくり、激安のからくり、すぐに使える裏ワザなど、ありとあらゆるトリックを解明しようという番組です(ありとあらゆる雑多なものまでひとくくりにしてしまうのは強引すぎるという印象です)。司会はトリックハンター内村光良さんとベッキーさん。その記念に、初回は2時間スペシャル「真実解明バラエティー!トリックハンターSP」で、世界中のトリックをぜーんぶタネを明かしちゃいました。この番組はいい意味で企画の揺れ幅の大きいのが魅力ですね。シリアスかと思いきや笑いがあったり。お子さまにも世の中のトリックとか、”うそと本当”の違いの嗅覚を養ってほしいですね」と内村さんは番組をアピールしました。

 芸能人初めてのイリュージョンでは、演歌界の大物小林幸子さんが、巨大スクラップ工場の車の中からの決死の大脱出に挑みました。手足を縛られて(すぐ抜けるようになっていることは常識)、車に取り残されるが(スタッフにまぎれてその場を離れるのは常套手段)、その車がクレーンでスクラップ機械まで運ばれ(手足がバタバタと見えていたのはプロのスタントマン)、破壊されるまでに脱出しないといけない(視聴者の不安をあおる)、というのはありきたりの設定です。みえみえの臭い演出には辟易してしまいましたが、一般人に受けようとすると、どうしてもこのような見え透いたあおった演出になるんですね。ちょっと勘弁してよ、という印象でした。次週のレギュラー放送からは、もう少しスッキリさせてほしい気がします。山上兄弟の登場とのこと。次週予告動画はコチラです。

 ここで、業界情報を。どうやらこの番組のレギュラー化には、視聴率戦争を勝ち抜くためのテレビ局のやむにやまれぬ戦略があったようです。足を引っ張る『1番ソング』を打ち切って、不定期特番ながら、安定して12%前後の視聴率を取っている『トリックハンター』と入れ替える必要があったらしいです。9月の新番組編成を待たずに、中途半端な7月下旬から入れ替えたのは、そういった裏事情なんですね。一説には、『トリックハンター』は10月までのワンポイントリリーフで、もし視聴率が取れれば、そのまま続行という情報もあります。「レギュラーになると、不定期特番と違って、チームワークが必要なんです。それに、トリックのネタも限界がある。レギュラー放送ともなるとネタが薄まって、視聴者に飽きられる可能性は高い」とは、ある関係者の弁。『トリックハンター』は、超能力やマジック、超常現象などのカラクリに迫るというコンセプトですが、似たような番組は過去にもありましたが、どれも長続きしていません。昨年思い切った路線変更が裏目に出て、視聴率がボロボロに終わり大コケした『高校生クイズ』(今年は松江北高生も出るらしいですよ)のプロデューサーが仕掛ける番組だけに、今後の動向が注目されている番組です。はたしていかに???♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中