忙しいから…

書類の山 今は忙しいからそのうち時間ができたら本を読もう」と言っている人は、永久に「今は忙しい」を連発して、いつまでたっても本を読むことはありません。この「忙しいから」は単なる言い訳にすぎないのです。本当にやる気がある人は、ちょっとした細切れの時間を見つけ出して、本を読む時間を確保しています。自分の心がけ次第で、時間はどうにでもなるものです。私の読書時間は睡眠前のベッドの中です。

 私の尊敬する故・竹内 均(たけうちひとし)先生は、あれだけお忙しい日々を送られながら(東大地球物理学教授、代々木ゼミナール校長、雑誌『ニュートン』編集長、メガネの三城CM出演、2000本以上のテレビ出演、全国の講演会等々)、500冊に近い著書を書いておられます。その秘訣は「15分を小刻みに使う」ということでした。チョットした「すきま時間」を有効に活用して、膨大な仕事をこなしておられました。下のインタビューをお聞きください。イエローハットの鍵山秀三郎さんが、成功の秘訣を聞かれて、それは二つしかない。コツとコツだ」と答えられたのは有名な話ですね(「微差大差」)。

「暇なときに学ぼう」と言ってはならない。おそらくあなたは暇をもつことはないであろう」 (ユダヤの格言)

 仕事も同様ですね。「そのうちに」と言っている人は、いつまでたってもやることはありません。「仕事は一番忙しい人に頼め!」というのはそういうことです。本当に忙しい人は、てきぱきと仕事を片づけていく。勉強も同じです。「後でやるから」と言っているうちは、完成することはまずないでしょう。一歩歩め!

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中