ジェーン先生帰国

 松江北高のALTジェーン・ハンフリー先生が、8月26日(火)「出雲縁結び空DSCN4259港」から、母国オーストラリアに帰国されました。私は空港連絡バスでお見送りに行ったんですが(帰りはバスに乗り遅れ、タクシーで帰ったら1万円でした!)、ジェーン先生ゆかりの一般の方たちが数多く見送りに来ておられ、ジェーン先生の人望の厚さを感じたことでした。教え子のお母さんにも英会話を習っていた、とのことでお会いしました。

 8月25日(月)の「山陰中央新報」に、ジェーン先生が言葉の壁を乗り越えて、わずか一年四か月で、尺八の準師範の試験に合格されたことが大々的に報じられました。尺八を通して日本文化に触れることができた。これからも練習を続け、オーストラリアの人たちに良さを知ってもらう」と、ハンフリー棲縁(せいえん)」の雅号で母国での活動を誓っておられます。日本人でも大変な試験なのに、この短期間でよく頑張られたものです。心からお祝いを申し上げます。おめでとう、ジェーン先生!松江北高英語科だけでなく、たくさんの関係者に温かく見送られて、旅立っていかれました。「また会いましょう、シドニーに来たら必ず連絡するように」と言葉を残されました。

  昨日も、Susan Boyer, Understanding Everyday Australianいう本を届けてくださり、オーストラリア英語の勉強をするようにとのメッセージでした。ありがとうございました。私は、島根特産のめのう(agate)のネックレスを、いきつけの「野津めのう店」で求め、彼女の大好きな「しまねっこ」のコースターと、最近ESSで生徒と一緒に写した記念写真と一緒に渡してきました。ESSの活動を通じて、ジェーン先生には本当によくしていただきました。生徒たちもずいぶん

▲出雲縁結び空港にて

▲出雲縁結び空港にて

声をかけてもらって、活発に活動ができたと思います。本当にプロらしい先生でした。「少しのんびりして外国でも旅行するように」が、私に対するお別れの言葉でした。ぜひ来年は退職したらそうしたいと思っています。ジェーン先生いつまでもお元気で!!

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中