サイズ・サプライズ

サイズサプライズ 昨日ご紹介した「ミラクル・ナンバー」の考案者斎川豊久さんの代表作は、何と言っても「サイズ・サプライズ」でしょう。観客にクラブのA〜5を広げて見せ、「1番大きいのはどれでしょうか?」と尋ねます。大抵「5」という答えが返ってきますので、5枚のカードを1枚ずつ示します。何とAがジャンボカードに変化し、2、3、4、5と段々小さくなっていき、5のカードはわずか3センチ程度のミニカードになってしまいます。5、ちっちゃー!」と言うオチです。物が急に大きくなる現象は、老若男女問わずウケるものです。「でっかくなっっちゃったー」という耳が大きくなるマジック(?)は、テレビでも人気がありますね。サイズ・サプライズもAが大きくなるところが、もっとも驚きを与えるポイントですが、その後リズミカルに小さくなっていく様子はたまらなくチャーミングです。また、サイズが変わったとは言わずに、「あなたが1番大きいとおっしゃる5のカードはこんなに小さいんですよ」と言う態度が、何とも洒落ているではありませんか。失敗なし!スベルことのないこの鉄板ネタは、クロースアップ・マジックの定番商品で、マジックランドの代表作でもあります。こんなに素敵なマジックが、実に簡単にできてしまうのですから、人気が出て当然。多くのプロ・マジシャンに愛用されています。

 この作品のオチを逆手にとった商品「サイ○サプライズのつづき」もご紹介しておきましょう。小林俊晶氏のオチです。サイズサプライズ」を演じると、必ずと言っていい程「もう一回やって~!!」と言われます。そこで、便乗して「もう一回やります。今度はサイズではなく、数字が一番大きいのはどの数字ですか?素直にお答えください。」と尋ねます。観客は当然「5」と言いますが・・・・・・なんと・・・それは「大正解」なのです。瞬間芸で、大変ウケがよく、笑いがとれ、盛り上がります。この2つの作品を連続して行うと、とってもウケますよ。復習を兼ねて、この2つのマジックの演技を続けてご覧ください。♠♣♥♦

カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中