ニアミス

 ちょっと昔の話です。1987年8月21日付けの『朝日新聞』に次のような記事が出たとき、私はビックリ仰天しました。最近、慰安婦問題をめぐって『朝日』の誤報・訂正記事が話題となっていますが、ときどきこのようなオカシナ報道をする会社です(松江北高図書館に取材に来た時にも、しゃべったことと意味の異なる報道をされ、司書さんが憤慨していたことがありました。抗議をしても知らん顔!)。先日社長が謝罪会見を開き謝罪しましたが、内容はともかくとして、『朝日』では画期的なことでした。若手の社員たちの同社HPの書き込みを見ると、魂のある記者がまだまだたくさんいることが分かります。

 ニアミスという言葉は、実は和製英語である。岩手県・雫石上空で46年7月、162人が犠牲になった全日空機と自衛隊機び空中衝突によって生まれたとされる(下線部八幡)

詳細を表示 「ニアミス」が和製英語だって?!そんなバカな!実は、この記事の出るちょうど一週間ほど前に、カリフォルニア州サンタバーバラで、当時のレーガン大統領が乗ったヘリコプターが小型機と「ニアミス」事件を起こしていまして、その模様を伝えるのに、私が購読していた米国各紙がこぞって見出しに挙げていたのが、””Near Miss Over the Reagan Ranch”, “The Near Miss : Sequence of Events”, “Pilot in a Near Miss With Reagan Identified as AWOL Army Private”でした。米連邦航空局の定義では、「半径150m・高度差60m以内」の接近を言うようです。near collisionが普通の表現ですが。

カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中