ミミスキット

ミミスキット Loftをのぞいていたら、こんな「耳かき」が今話題だとポップ付きで紹介されていたので買ってみました。グッドデザイン賞に輝いた「ミミスキット」(グリーンベル)という商品です。色はブラック・ブルー・ピンクの3種類ありました。好きな色のブルーを買って帰りました。耳かきは、もうどれぐらい買ったか分からないぐらいたくさん購入していますが(耳かきマニアなんです)、なかなか満足のいくものに出会いませんね。家に帰ってみたら、この商品の「ピンク」を以前に買っていました。すっかり忘れていたみたいです。これも年のせいだ(笑)。

 やわらかブラシとらせん式の耳かきが、両端にセットになったこの「ミミスキット」。ゴムの摩擦で耳孔にへばりついた垢をこそぎ落とし、ソフトブラシが最後の仕上げに絡め取ります。丸洗いOKなので、いつも清潔に使うことができます。

  • ソフトブラシが絡め取る!

    ソフトゴム製ブラシの柔らかいタッチで、細かい垢を全方向から絡め取る。
  • ゴムの摩擦でこそぎ落とす!

    360度全ての面で掃除できるらせん構造。へばりついた垢をこそぎ落とします。

 使い心地はまずまずのものですが、やはり私の中では医療器具屋さんが作った耳かき」(1,500円)にはかないませんね。私が購入した耳かきではダントツでNo.1です。渋谷・東急ハンズで購入したものですが、名前がとってもユニークですよね。医療器具一筋の三祐医科工業株式会社というところが、熟練した職人さんの手づくりで、一本一本それは丁寧に作っておられます。最近どこのお店でも見ることがありませんが、これ最高傑作です。

IMG_1552 直接肌に触れる耳かきの先端は「ポリアセタール」という、お医者さんの聴診器などに使われる素材を使用し安全快適、柄の部分は真鍮クロムメッキです。全く痛くなく、耳垢は本当によく取れます。360度どの角度で掻いても掻きだせる西洋型の耳かきです。適度なしなりもあり安心安全、何よりも気持ちよく掻きだせます。先端は黒くなっていて、汚れや耳垢がよく見えて、採取した耳垢が外しやすい溝になっていることも大きな特徴です。医療器具を製造するためのノウハウが詰まった納得の一本と言えます。東京都足立区がブランド認定しており、ずいぶん売れているみたいですよ。物づくり日本の素晴らしさを、垣間見ることのできる耳かきです。

 「医療器具屋さんが作った耳かき」は、医療器具、鋼製小物製造一筋38年以上の三祐医科工業株式会社さんが、医療器具を製造する為の材料、メッキ等を使用し加工方法にも医療機器を製造する為の技術を用いて、”より安全に”、 “より快適に”をモットーに製作されています。特徴を7点挙げます。

POINT1: 医療器具屋さんの”ディープテク”が光っていること。

医療器具、鋼製小物製造一筋38年以上の三祐医科工業株式会社さんが製作した耳かきです。直接肌に触れる耳かきの先端は「ポリアセタール」を使用し、柄には「真鍮クロムメッキ」を使用しています。いずれもプロのお医者さんが使用している医療器具と同じ材料で、耐熱性及び耐蝕性があります。しかも、医療器具を作る熟練の職人さんが一つ一つ丁寧に製作している”ディープテク”の光る耳かきなのです。

POINT2: 痛くなくて、よく取れる。

医療器具屋の熟練した職人さんが一つ一つ丁寧に製作しているので、基本的には痛くありません。ポリアセタールの先端部分は、とても滑らかで、カリカリコリコリ感は殆どありませんが、耳垢は驚くぐらいによく取れます。普通の耳かきでは痛いと感じられた方は、ぜひこれを試してみられるといいですよ。

POINT3: 先端は西洋型で直径は、2~3.6mm

西洋型というのは、日本でお馴染の匙形の耳かきに対比して称されています。スクリュー型、コイル型、円盤型等と呼ばれることもあります。西洋型の良さは、360度どの角度で掻いても掻き出せるところにあります。

POINT4: 適度なしなりがあること。

耳かきをする際に安全な位置(先端から約2―3cm)が、真鍮クロームメッキの柄になっており、滑らずに安全に耳掃除をすることができます。しかし、実際に耳かきをする場合には、”適度なしなり”が大切です。心地よさは勿論のこと、他の人の耳かきをする場合は、どうしても力が入りやすくなってしまうため、力を分散させるためにも”適度なしなり”が大切になってきます。適度なしなりを実現するために、耳かきの先端のポリアセタール部分を長くしてもらっています。単にしなるのではなく、そのしなり具合にもとてもこだわっています。そして、そのしなり具合を実現するために匠の”ディープテク”が不可欠だったのです。但し、あまりにも優しいので、ついつい耳穴の奥深くまで入れてしまわないようにくれぐれも注意です。

POINT5: 採取した耳垢が外しやすいこと

耳垢をしっかり吸着させて採取するまでは非常に優れているのですが、日常手軽に気軽に使うためにはいま一つでした。そこで、溝の形状を螺旋式(ネジ型)にしていただくように提案したところ、「耳垢を外しやすくするのでしたら、U字溝にしたほうが良いかもしれません」と溝をU字に変更してくださいました。すると、ティッシュで軽く拭う程度で簡単に採取した耳垢を除去することができるようになりました。たかが溝、されど溝なのです。

POINT6: 黒いこと

汚れや耳垢が良く見えるからということで、最近は珍しいものではなくなりましたが、先端が黒いことはポイントが高いです。

POINT7: 2010年注目の耳かき!

足立ブランドの認定を受けているだけでなく、平成21年度TASKものづくり大賞では、「奨励賞」を受賞しています。これからますます注目の耳かきです。

※足立ブランド……東京都足立区がブランド認定した製品のことで、「企業の製品をブランド.認定してそれをPRすることで、企業の売上向上につなげる」といった通常の地域ブランドとは異なり、「地域の産業者と行政が協働して地元を盛り上げて元気になろうというねらいを持った他に例のない地域ブランド運動」とのことです。

※TASKものづくり大賞…「TASK」とは、台東区(T)荒川区(A)足立区(A)墨田区(S)葛飾区(K)の5区が共同で地域のものづくり産業の活性化をめざすプロジェクト。

カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中