竹内まりやさんの受賞

▲松江のレコード店でもすごい人気!

▲松江のレコード店でもすごい人気!

 9月に発売したアルバム『Trad』が爆発的な売れ行きをみせ、7万5千人を動員した33年ぶりの全国ツアーの最終公演を終えた竹内まりやさん(59歳)の話題です。もちろん、彼女はわが島根県・大社町の出身のシンガーソング・ライターです。生家は出雲大社正門前に位置する老舗旅館『竹野家』で、六人兄弟の三女として生まれました。世界で通じるようにとの父の考えから「まりや」と名付けられています。高等学校在学中に、AFS交換留学制度によりアメリカ・イリノイ州のロックフォールズ・タウンシップ・ハイスクールに留学後、慶應義塾大学の英文学科へ進学しておられます。以前にこのブログで、彼女の高校時代の思い出を取り上げたことがあります。⇒コチラです

 東京・北の丸公園の日本武道館で行われた最終公演では、プッと吹き出すシーンが何度もありました。夫の山下達郎さんがバンドマスターとして、同じステージに立っていたんですが、竹内さんは山下さんが幼稚園の時、キリスト生誕劇でヨセフを演じたことを暴露して、「その時のセリフを言ってごらんなさい」とニヤリ。山下さんが「マリア、なんてかわいい赤ちゃんだろう」と渋々答えると、「幼稚園の時から妻の名前を”まりあ”と決めていたようです」とまたニヤリ。「武道館で言うことかよ」と照れまくる夫を横目に、笑っておられました。会場は大爆笑。それでも「この人なしでは私のCDもライブも成り立ちません。感謝申し上げますが、家に帰ると立場が違ってきます」と会場を沸かせました。

 さて、年末の 『第56回輝く!日本レコード大賞』において、竹内まりやさんのアルバム『TRAD』「最優秀アルバム賞」を受賞しました。「最優秀アルバム賞」受賞及びアルバムの大ヒットを記念して、以前放送された、自身初のWeb番組「TRAD Channel on Web」の再放送が決定しました。♪再放送は、2014年12月30日(火)~2015年年1月3日(土)23:59までの期間限定ですから、お好きな方は、ぜひこの機会にご覧くださいい!!これまでTVなどの映像メディアにほとんど出演しない竹内まりやさんが、ミュージックビデオや今まで記録用に撮影してきたライブ映像、そして、アルバムやMV制作のメイキング映像などレア映像満載で番組を構成しています。しかも、本人ナレーションによる進行で、最新アルバム『TRAD』やそのメイキング映像、アルバムに収録される楽曲の解説、制作エピソードなどを綴っていきます。貴重なオフショット映像満載です。Vol.1-Vol.3まで、それぞれ約5分のものが3種類公開されています。⇒コチラで公開されています(期間限定に注意 1月3日までです)

 竹内まりやさんの数ある楽曲の中で、私が一番好きなのは「駅」という曲です。実は、この曲は1986年中森明菜さんに提供した楽曲だったんですが、あまり話題にはなりませんでした。その後、竹内さん本人がシングルカットしてから、ジワジワと人気が出た曲です。カラオケでも人気ナンバーワンと聞きました。

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中