親孝行

 あの前人未踏のV9を達成した、偉大な読売巨人軍の監督・故川上哲治(かわかみてつはる)さんが、NHKの解説者時代のことです。昔、巨人にいた左バッターの淡口憲治(あわぐちけんじ)選手を評して、「この選手は親孝行だから大成しますよ」と語りました。実際に、淡口選手は入団1年目から1軍に昇格し、打球がとても鋭く速いことから「コンコルド打法」と呼ばれ、素晴らしい外野手として活躍しました。定岡がごねてトレード拒否したときの交換要員として浮上し、近鉄に移籍したときにも、大阪を本拠地とする近鉄に移籍すれば、当時西宮市に住んでいた母親にいつでも顔を見せることができる、とトレードを承諾したぐらいです。野球と親孝行?、どこが関係あるのでしょうか?今日はその関連性について考えてみようと思います(川上監督の偉大なところは、野球の技術よりも「人間教育」に力を入れたことだと思います。このことが、最近の巨人では全く機能していないことは、一連の不祥事からも明らかですね。これについては、また別の機会に詳しく述べたいと思っています)。

 「親孝行」な選手は、自分を産んで苦労して育ててくれた両親に心から感謝して、早く恩返しをしたい、今度は自分が親を楽にさせてやる番だ、と考えています。そのためには野球選手として大成して、たくさんの給料をもらえるようにならなければなりません。その目標のためにも、人一倍努力しようとし、「いい成績をあげるにはどうすればいいか、何をしたらよいか?」を徹底的に考え、自分を鍛え抜き、創意工夫をしながら猛練習をすることでしょう。先輩やコーチからのアドバイスも貪欲に吸収し、自分を高める努力を惜しまないでしょう。努力が苦にならなくなるんです。当然、大成する確率は高くなるわけです。川上さんはそれを「親孝行」という言葉で端的に表現したのですね。たくさんの野球選手を育てた、あの名監督・野村克也(のむらかつや)さんも、成功している選手は例外なく親孝行だと断言しておられました。親がいなければ、自分はこの世に存在しません。その自分をこの世に生んでくれた親に孝行しようとする感謝の気持ちがない人間が、どうして満足な仕事ができるでしょうか?野村さんも「親孝行は、大成するための必要にして最低限の条件なのである」と明言しておられます。そして、このことは親に限ったことではなく、自分は誰かに支えてもらって生きている」という感謝の気持ちを持つことは、非常に大切です。大勢の人が自分を支えてくれている」と常に認識しながら生きていると、どんな逆境にも負けない強さが生まれます。ここ一番の勝負所で集中力が違ってくる。自分の成績や名誉だけしか頭にない人は、それがないから、逆に気負って空回りしてしまうんです。報恩感謝」が大切、ということですね。

 大好きなシンガーソングライターのさだまさしさんが、コンサートで、時々「誕生日」のことを語られます。誕生日」は自分がお祝いしてもらうものと思っている人が多いが、この気持ちは間違いである、と。この日は命がけで自分を生んでくれた母に、感謝する日であると。本当にそう思います。「鼻からスイカが出てくるよう」な痛み(?)に何時間も耐え、生死をかけて闘った苦難の日=誕生日だったことを、絶対に忘れてはなりません。どうやらさださん、この話は亡くなった永 六輔さんから聞いたお話のようですよ。

 私自身も母一人、子一人の母子家庭に育ったものですから、このことは本当によく分かるんです。どんなに倍率が高かろうとも、大学入試に落ちるとか、教員採用試験に落ちるとか、という選択肢はありませんでした。ただひたすら親を楽にするために、必死で勉強したのを覚えています。いまでこそ笑い話で語れますが、もしダメだったら飛び込む踏切まで決めていたぐらいですから(荒島駅をちょっと行った所)。それぐらいに「恩返し」をするために、集中力をもって真剣に取り組んだものです。

(追記)川上さん曰く、「野球選手というものは、自分が大金を稼ごうと一所懸命やっていればそれでいいと考えている。それがファンのためにもなると思っている。自分のためにがんばる。それは当然のことだが、その一点に終始すれば、それは平凡な小我の世界だと言わざるをえない。常に自分で、まずおれが―自分の欲、自分の満足のみに終始、踏みとどまるということであれば、いくら良い成績をあげられてもその選手は、『技術』だけの人である。たんに仕事ができる小我の人と、その職業や社会に報恩感謝の気持ちをもってやっていく人では、日々の取り組み方も、選手としての充実も、ふくらみがまったく違うものである。自分の今ある立場、自分が生かされている環境や社会に報恩感謝の心を強めていってこそプロ野球の道、人の道である」

 当時の巨人の名ショート黒江透修(くろえゆきのぶ)さんが、新聞に書いていたことですが、川上さんは、春のキャンプ中も、選手やコーチの自宅に、ご主人は頑張っています。何の心配もいりません」というはがきを毎回送っていたそうです。キャンプ中の休養日には、体を休めるだけでなく、これまでお世話になった人に手紙を書く時間に充てなさい」と口を酸っぱくして言っていたといいます。巨人の選手たちは、宮崎で行われているキャンプ中の休日も、感謝の手紙を書いて過ごして、9年連続で日本一になりました。いい話です。私はそんな巨人軍が大好きだったのですが…。何が言いたいかわかりますね。

▲宮崎でお参りしたときの写真です

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中