由布院驛の足湯

 JR九大本線にある大分県の「由布院驛」は私の大好きな駅です。⇒私の詳細なレポートはコチラ  全国でも珍しく駅構内に足湯があるんです!足湯に入る場合は、駅の窓口で「足湯券」を購入します。料金は(大人¥160 小人¥80)です。湯布院温泉の最寄り駅らしく、1番ホームに「足湯」が設置されています。列車を眺めながら足湯につかることができます。

 駅の窓口を見ると「足湯券」の文字が。足湯券自体が絵はがきになっており、「湯布院」ロゴ入りオリジナル温泉タオルもついてきます。しかもこのタオルがかわいいんです。おんせん県のマークつき。お土産になりますね。

よ~く見ると湯気のところが OITA になっていますね。芸が細かい。なので、足湯に浸かったあとの濡れた足をどうしようかな?な~んて事を、まったく心配せずに入る事ができますよ。チケットも朝霧に壮大に浮かぶ「由布岳」の写真が素晴らしくて、有料でも良心的な価格で至れり尽くせりです。

 「足湯」は1番ホームの右手奥にあります。足湯なのですが、なぜか?女性専用の着替えスペースまでありました。その手前には上り湯スペースも。上がった後、ここで足を濯ぐ事もできるようです。この先に足湯スペースがホーム沿いに設置されています。足湯内部には椅子とテーブルが設けられていて、足湯をしながらのんびりと休憩できるようになっています。温度は熱過ぎず、ぬる過ぎず、長く浸かって足元から体を温めるには丁度良い感じですね。ココでのお楽しみは、なんと言っても、足湯をしながら列車が見れることでしょう。ラッキーなら、ゆふいんの森号」やあの「ななつ星」にも出会えるかもしれません。わずか¥160で味わう贅沢なひと時!おすすめです。♥♥♥

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中