八幡家「倉」&「Rainbow Jokers」

 今日の授業は4限からなので、学校に出かける前に、本当に久しぶりに八幡家の「蔵」に入ってみました。私の自宅はミサワホーム」で作ってもらいましたが、一階と二階の間に、中二階の「蔵」があるんです。私はこの部屋に、今までずっと買い溜めたマジックの数々を収納しています(写真下) 。なかなか時間がなくて整理が出来ず、ツッコんだままになっていますが、いつかは「目録」でも作り、ジャンルごとに区画整理をしたいものだと考えています。この「蔵」には絨毯も引いてあり、暇な時には寝っ転がって、のんびりとマジックの説明書でも読みたいな、という願望を持っていましたが、なかなかそのような時間が取れずに、未だに夢のままに終わっています。今日は久々にその「蔵」に入ってみたんです。とんでもない量のマジックが眠っていますので(お金にすると間違いなく5,000万円以上はあります!家がもう一軒建つじゃないか!!)、どこに何があるのか、またいつ頃買ったのかは、もうさっぱり思い出せません(笑)。また同じ物が2つあったりもします(認知症?)。今日はそんな中を探っていると、ハンガリーの鬼才クリエーターであるアストロさん(Astor)「Rainbow Jokers」という作品が目に止まりました。あ~、これこれ。よくやったなー。引っ張り出してきて見てみると、何やら付箋が貼り付いていて、カードのセットの仕方をメモしてあります。その通りにセットをして、記憶を探りながら、やってみました。あ、そうだ、そうだ。思い出したぞ!私はこのようなパケット・トリックには目がなくて、目に止まったものを次から次へと買い漁っていたのでした。これは素晴らしい作品です。

 4枚のジョーカーの表を観客に示します。1枚のジョーカーを引っ張り出して、裏向きにします。裏の色はです。4枚を数えてみると、全てのカードが瞬間に裏向きになってしまいます。あれ?再び、1枚のカードを表向きにして数えてみると、瞬間に全てのカードが表向きになってしまいました。観客に表向きのジョーカーを示しながら裏を示すと、今度は裏の色が黒、赤、オレンジ、緑の4色に変化してしまいます!もちろん、表は全てジョーカーであることを示します。しかし、裏の色が全部再び元のに全て戻ってしまうのです。そして、またまたま1枚のカードを表向きにすると、全てのカードが瞬間に表向きになってしまいます。一体どうなっているんだ??!これがアストロさんの「レインボージョーカー」です。私はジャンボカード仕様のものを買っています。とてもきれいな作りのカードです。アストロさんのものにはハズレがなく、いつも大満足しています。演技をご覧ください。実に不思議でしょ?♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中