追い込む!

大晦日のイラスト「タイトル文字」

 さて、いよいよ今年最後のブログです。今から20年も前、島根県立大田高等学校で進路部長を務めていた時の話です。終業式前に3年生生徒たちの「嘆願書」が、進路指導室の私のところに届けられました。大田という所は田舎町で、各家庭ではお正月の帰省客でドンチャン大騒ぎで勉強ができない、なんとか学校を開けて勉強ができるようにして貰えないだろうか、という切実な嘆願でした。何とかしてやりたいと思いましたが、職員会議では「そんなことは必要ない」という意見が大半でした。当時の森山祐次校長、南場俊一教頭が理解をしてくださり、正月に帰るところもない私が毎日出るということで、認めてもらいました。年末から正月にかけて、たくさんの生徒が登校して勉強に励みました。元日には森山校長もやって来られ、3年生の各教室を回って「合格できるみかん」(?!)を配っておられました。元日には、保護者からお寿司やお餅の差し入れをいただくなど、ずいぶんと喜んでいただいたようです。このことも効を奏してか、例年は40~50人だった国公立大学の合格者が、103人にまで増えたのは、学校始まって以来のことでした。センター試験直前のこの時期は、生徒の力は限りなく伸びるのです。この年の実践を基に、入学してから、卒業するまでの各月各月(!)の「時期のポイント」「進路指導のポイント」「学習指導のポイント」「生徒の内面の動き」「参考にしたい資料」を明示したコンパクトな冊子「進路指導シラバス」をまとめました。翌年は進学実績が大幅に伸びたことも手伝って、全国から学校訪問が相次ぎ、毎日対応に大忙し。これをおみやげに差し上げて喜んでいただいたことを覚えています。若い熱心な担任の先生方には、特に参考にしていただけたようです。以来、私が進路部長を務めていた3年間はずっと合格者100人前後を記録していました(現在はまた元の40~50人に逆戻りしたようですが…)。

▲当時は画期的だった「進路指導シラバス」

 その前任校、島根県立松江南高等学校でも同様の体験をしています。私は13年間勤めさせていただいて、教員のイロハを教えてもらったんですが、その9年間を3年生担任・補習科担任を務めました。男子ソフトテニス部の顧問も務めながらのハードな毎日でしたが、とっても勉強になった13年間でした。私も元気で若かった。「センター試験」を控えてなかなか伸び悩む担任の生徒たちを見ていて、思いついたことがありました。冬休み返上で学校に出てくるというので、私のポケットマネー(当時は辞典が売れに売れて印税ががっぽり入って来たんです)で、昔の模擬試験の問題を安くしてもらい買い取って(中にはご好意で無料で提供してくれる会社も)、朝早く登校して、1日で5教科の問題を演習するという追い込みプログラムを立てました。自分のクラスのために思い立ったものでしたが、他クラスでも一緒にやりたいと申し出る生徒も数十人かいて、合流しました(毎日100人ぐらいが登校して演習しました)。1日で全教科を解答して、「自己採点」をして帰って行く、そんなハードな毎日の繰り返しです。保護者が学校にやって来られて、「先生にお金を出してもらうのは心苦しい。お金を取ってくれ」と言って、感謝してくださる方もおられましたが、「点で返してもらいますから」とお答えしました。その年の進学結果が(特に学校に出てマーク演習に励んだ生徒たちが)非常に良かったもので、次年度からは、学年体制でこのような「マーク演習」が組まれるようになったのです。今では県内どこの進学校でもやっている「マーク演習」ですが、実は私が南高の自分のクラスで始めたものでした。やはり、この時期に追い込むことで、生徒たちの実力はギリギリまで伸びるのです

 さて、松江北高に帰って来ました。やはり年末・年始はギリギリまで学校に登校して勉強する体制が出来上がっていました。この時期は、マーク模試を2日間でやって、一日休んで(この日に自分で復習する)、翌日「フォロー講座」と称して、各教科で模試に見られた弱点講座を開講していました。どの教室も満員で溢れかえっていました。最後の最後までやりっ放しにしないという「組織の力」「団体戦」で勝負をしていたんです。12月31日も学校で過ごし、担任団で「年越し蕎麦」を一緒に食べて健闘を誓い合ったものです。1月も2日から学校を開けて(担任が交代制でカギを預かり校舎を開けていました)、生徒の自習体制を作り上げていました。私は退職するまで10年間松江北高に勤めましたが、年々こういう勤務は異常だということで(ブラックと言われていました。北高から移動転勤することを「脱北」などと揶揄する声もありました)、公務員のスケジュール通り、休みにするのが通例となっていきました。どんどん進学成績が右肩下がりで落ちていったのは、何ら不思議ではありません。この間「生徒の自主性」に任せると言う名目で、教員もみな休みにしてしまったのでした。するとどんなことが起こったか?年を明けて、英語の「フォロー講座」に出向いてみると、教室にはたった2人しか生徒がいません。「一体どうなっているんだ?!」怒りに震えました。その次の「フォロー講座」に行くと、教室には生徒が誰もいません。もうこの時点で今年の進学はボロボロだな、と予測ができました。結果過去最低でした(模試の成績は良かったにもかかわらずです)。そんな苦い思い出もあり、昨年担当した3年生たちには、このことを口を酸っぱくして語り、生徒たちに訴えかけました。職員会議や判定会議でも問題提起をしました。幸い熱心な担任団で、12月31日まで学校を開けて、生徒たちの学習の便を図りました。1月1日だけ休んで、もう2日から登校して各クラスで勉強していました。まさに「集団の力」です。もちろん「フォロー講座」は、年末も年始も大盛況です。私の英語講座などは、教室の机・椅子が足りずに、他教室から運び込んで溢れんばかりの満員盛況でした。それこそ必死で1点を上げようと努力を重ねていました。英語のセンター試験平均点が過去最高点を記録したこと(模試成績は過去最低でした!)、右肩下がりで落ち続けていた進学成績が久しぶりに持ち直したことは、この生徒たちの追い込みの頑張りと無縁ではないでしょう。

▲必死に頑張る生徒たち

 「無茶をやれ!」と主張しているのではありません。センター試験直前のこの時期は、ギリギリまで生徒たちの力が伸び続ける、ということを、上の三つの事例ははっきりと物語っています。どうやって背中を押してやるか、その一点で私は今までやってきました。「生徒の心に火をつける」ことが(後は放っておいても生徒たちが自分で頑張る)、私たち教師の務めだと私は信じています。このときの生徒たちが、センター試験を終えて、「何が良かったのか?」を書いてくれたメッセージ(核心を突いているものがたくさんあります)を原文ママでまとめた資料を、後に続く北高の先生方に残しておきました。資料最後に「後継学年に伝えたいこと」を、八幡がまとめています。「ダウンロードサイト」に登録して、今年最後のブログを締めくくりたいと思います。生徒たちの生の声をお聞き下さい。 

・「センター好結果の理由」 島根県立松江北高等学校 八幡成人 ⇒コチラです

 毎日、本ブログにお越しいただいてご覧いただいた皆様、どうもありがとうございました。八幡の活動にご理解をいただいてご支援を賜った出版社・会社の皆様、お世話になった先生方、応援してくださった全国の先生方に、心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 6月以来、週にわずか6時間だけの授業で、校務分掌もなければ、部活動もない、授業のある時だけ登校し、授業が終わったら「失礼します」という、まるで天国のような楽チンな生活でしたが、年を明けて「センター試験」が終わると、さすがに毎日びっしりと授業が組まれました(補習科講座・現役生東京・京都大学志望者講座)。久しぶりに授業に追われる2ヶ月間になりそうです。「英語は絶対に裏切らない!」今まで蓄えたものを最大限に生かしながら、生徒たちのために頑張りたいと思っています。私は、12月中旬に美しい「神戸ルミナリエ」を見に行ったのはいいのですが、現地で悪性の風邪をもらってきたようで、以来ずっーと伏せっておりました。咳が止まらず(特に夜はひどかった)、物もほとんど食べていないので3キロぐらい痩せました。風邪をこじらせたまま東京の編集会議に出かけ、帰って来てからようやくこの2・3日で、楽になってきたようです。みなさん、健康にはくれぐれもご留意され、よいお年をお迎え下さい。八幡は、来年はびっしりと予定が詰まりそうです。❤❤❤

▲「ホテルオークラ」にて

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中