追試の「お色直し」

★やはり「お色直し」が出題された!!★

 センター試験の第1問の「発音・アクセント問題」は、過去の出題語から必ず出るので(私は「お色直し」「先祖返り」と呼んで注目しています。⇒詳しくはコチラです)、過去の「出題語リスト」を読み込んでおくことがずいぶん役に立つんです。実際、今年のセンター本試験でも、全28語中8語が出題されました。まさに予想通りでした。私は生徒に、模試なども「やりっ放し」にしないで、必ずもう一度「見直し」をするようにうるさく言い続けてきましたが、我々教員サイドもこのように「見直し」をして、振り返ってみることが重要だと考えています。自分の指導したことが、ちゃんと意味のあるものであったかどうか?これを繰り返していると、何が大切で、今後どのようなことが起こるのかが、手に取るように分かるようになります。若い先生方には、ぜひこの姿勢で頑張ってもらいたいと思っています。

●2018年度本試験の「お色直し」●

【発音問題に出題された語】
commit 1996追
convince 2010本
insist 1990本 2000本
journey 1998本 2000追

【アクセント問題に出題された語】
danger 1993追
opinion 1990本
frequently 2000本
supermarket 1992追

 そして私の『2017年英語センター対策本』(自費出版)に挙げられた「頻出語リスト」の的中率を調べてみると、発音問題の12語中7語的中(58% うち★印4語)、アクセント問題16語中12語的中(75% うち★印4語)でした。やはりいつも言っているように、「狙われる単語は決まっている!」ということを再確認しました。「過去の出題語」の一覧表はコチラをご覧ください。

 さて、この一週間後に実施されたセンターの「追試験」においても、この傾向は顕著に見ることができます。なんと全28語中9語が(約3分の1です!)過去問より出題されました!

●2018年度追試験の「お色直し」●  

【発音問題に出題された語】 
honest 2008本 2013追 
honor 2012追 
hour 2010追 

【アクセント問題に出題された語】 
blanket 2000追 
custom 1991本 
distinct 1999本 
assistant 1991本
photographer 1994本
responsible 2007追

 私の「頻出語リスト」の的中率を調べてみると、発音問題の12語中8語的中(67% うち★印4語)、アクセント問題16語中11語的中(69% うち★印10語)でした。まさに「狙われる単語は決まっている!」のです。「賢者は歴史に学ぶ」(ビスマルク)、私の好きな言葉です。❤❤❤

【追記】 センター試験が終わり、新しい学年に向けてセンター対策をということで、上記の私の『2017年英語センター対策本』(自費出版、800円)+『解き方の実践編』(サービス)を、生徒のために求めたいという問い合わせが相次いでおります。増刷してまだ在庫はたくさん持っておりますので、ご希望の方はこのブログの右端の「メールはこちら」より、送付先住所、ご氏名、勤務先、冊数を銘記の上、お申し込み下さい。早速送らせていただきますので、届き次第「郵便小為替」でご送金下さい。まだ実物をご覧になったことのない先生方、ぜひこの本で高得点を取って下さい。「英語は絶対に裏切らない!」のです。♠♠♠

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中