「足立美術館」快挙!

★足立美術館15年連続庭園日本一!!

 横山大観などの近代日本画コレクションで有名な「足立美術館(島根県安来市、私の故郷のすぐそばです!)が、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」(The Journal of Japanese Gardeningが実施した2017年の日本庭園ランキングで、第1位に選ばれました。2003年のランキング開始以降、15年連続!の選出です。15年連続。とてつもない記録です。これは、アメリカ在住のダグラス・ロスさんが、日本庭園を世界中に紹介するために、1998年に創刊した隔月月刊誌です。英語圏を中心とする世界37カ国の人々に定期購読されています。島根県では、5位の佳翠苑皆美(松江市)や、平田本陣記念館(出雲市)など7件がトップ50入りしました。。「日本庭園の愛好家であれば、“スーパースター”である足立美術館を鑑賞するために島根を巡礼しなければならない」と評価しています。八幡の癒やしスポットでもあります。

 「足立美術館」の庭園は、約16万5千平方メートルで、専属の庭師6人によって細部まで手入れされた800本のアカマツや100本のクロマツ、モミジなどの木々とコケ、白砂などが、遠景の山並みと相まって四季折々の風景を楽しませてくれます(枯山水庭など6つの日本庭園)。1970年の開館以来、毎朝全職員(約30人)で庭の掃除をしているそうです。国内外の専門家が、日本にある900カ所以上の庭園を訪れ、庭園の質、庭園と建物との調和、利用者への職員の対応など、「いま現在鑑賞できる日本庭園としていかに優れているか?」を基準に総合評価したものです。足立美術館」足立隆則館長「日本庭園は生きものであり、足もとの下草、苔、白砂、石、水、木々や遠景の山並みが一体となって奏でる、いわばアンサンブルでもある」「大変うれしく誇りに思う一方で、栄誉に恥じない庭園であり続けるための大きな責任を感じる。日本を代表する日本庭園に選ばれた誇りを胸に館員一丸となって日本庭園の魅力を世界に発信していきたい」とコメントしました。

●2017年日本庭園ランキング●
1位   足立美術館(安来市)
2位   桂離宮(京都市)
3位   山本亭(東京都葛飾区)
4位   京都平安ホテル(京都市)
5位   佳翠苑皆美(松江市)

 美術的価値や公的評価のほか、旅行者の受け入れの質まで総合的に調査し格付けを行うフランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」でも、「足立美術館」の庭園は3つ星を獲得しています(美術館は2つ星)。庭園を通して日本ならではの「四季の美」に触れて、その感動を持って横山大観をはじめとする日本の名画に触れることで、「美の感動」に触れてほしい、という創設者・足立全康(あだちぜんこう)さんの強い想いが今にも引き継がれています。ぜひみなさん、一度訪れてみて下さい!感動間違いなしです!❤❤❤


広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中