スタバのIZUMOマグカップ

 みなさんは島根県・大社町にあるスターバックスのコンセプト・ストア「出雲大社店」へ足を運んだことはありますか?この「出雲大社店」コンセプトスタバ(全国に14店舗展開)としても有名で、その風情ある和風の外観が特徴です。私はこのコンセプトスタバ全部制覇したいという願いを持っていますが、果たしていつのことになりますやら??数あるスターバックスの店舗とは少し違う体験をして欲しい、というスタバからの切なる願いが込められたお店です。縁側をモチーフに作られたテラス席も素敵ですね。縁結びの神様として知られる出雲大社の和のイメージと、スターバックスの洋のイメージの「縁結び」をテーマにデザインされています。また、内装も、出雲大社からインスピレーションを受けた要素も取り入れています。⇒私のスタバレポートはコチラです こちらの店舗では、職人さんが一つ一つ手作業で色を付けた“世界に一つだけのマグカップ”が手に入るんです。今日は、出雲大社店限定グッズ「IZUMOマグ」の魅力をご紹介しますね。私はこのマグカップを買いに、お正月、スタバに出かけてきました。

 こちらが、出雲大社店限定のマグカップ「IZUMOマグ」です。島根県特産のめのう」をイメージした深みのある色合い、勾玉のような艶やかで丸みのある質感が特徴となっています。ちなみに「めのう」は玉髄(鉱物の変種)の一種で、一般的にはパワーストーンのイメージが強いですね。縁結び”がコンセプトの出雲大社店のイメージにピッタリなデザインですよね。カラーバリエーションはスカーレット・ディープグリーン・ホワイトの3種類。マグ同士を重ねられる作りなので、3種まとめて購入される方も多いようですよ。「IZUMOマグ」は、一つ一つ職人さんが手作業で色付けしているので、どのマグもそれぞれ表情が異なります。同じ模様のマグは一つもないので、“世界に一つだけのマグカップ”が手に入るんですよ。実際に購入してみた方からは「衝動買いしちゃったけど買ってよかった!すっかり相棒になってます」「スタバファンじゃない方へのお土産にも喜ばれました」「日本茶にもコーヒーにも合って使いやすい!」など素敵な感想が寄せられています。ちなみに、マグを近くでよく見てみると、星空のような煌めきが感じられます。出雲大社へ観光に行くときは、ぜひスタバへ訪れて「IZUMOマグ」の魅力をご自身の目で確認してみてくださいね。

① マグは赤・白・緑の三色。縁結びの神にちなんで「つながり(縁)」をコンセプトとしたアイテムで、色違いのマグカップを積み重ねて収納できるのが特徴です。普通取っ手付きの食器は積み重ねるとアンバランスになって倒れてしまうのですが、このマグカップは底部に凹みがあるためにきれいに積み重ねることができるのです(写真)。

② このマグカップは島根県の特産品でもある「瑪瑙(めのう)」をイメージして、職人さんが1点1点色付けをしています。一つとして同じ模様がない世界に一つだけのオリジナリティがあります。人と同じ物を持ちたくない人にはまさにうってつけのお土産になりそうですね。310ml容量でお値段は1,600円(税抜き)です。

 ちなみに、カップが入っている箱はこんな感じ!巾着をモチーフにしており、ピンクのひもが結ばれているのがかわいいですね。箱にはIzumoの文字と勾玉が記されています。「島根県の特産品“めのう”をイメージし、1つ1つ心を込めて作りました。このマグカップでコーヒーシーンがますます豊かなものになり、良いご縁ができればと思っています」と、同店のマネージャーはアピールしています。私が購入したのは、下の緑色のマグカップでした。買うときに、どんな模様になるかは箱を開けてのお楽しみです」との店員さんの言葉に、期待して箱を開けてみました。ちょっと素敵な色合いが気に入っていて、早速新年から、学校の英語研究室で使っています。毎朝のコーヒーが美味しい気分に! ❤❤❤

【追記】 昨年11月、「宮島」にオープンした「スターバックス厳島表参道店」限定のマグカップ(「JIMOTO madeシリーズ」)が発売されることが、『日本経済新聞』で報道されました。地域の伝統工芸品とのコラボ「コーヒーアロママグMomiji444ml」(6500円)がそれで、江戸時代中期の起源とされる、嚴島神社の御用窯山根対厳堂」「宮島御砂焼」で作られています。マグカップの形状は、アロマを包み込むように口径を絞り、丸みを帯びたスターバックスオリジナルの形で、コーヒーの香りを最大限に楽しめるようになっています。マグカップのデザインには、宮島のシンボルであり、広島の県木である紅葉を使用。職人が本物の紅葉の葉を一枚一枚カップに貼り付ける独自の手法で手掛ける「もみじ紋」が中央に入り、表情の異なる、趣のある仕上がりとなっています。さらに、カップの下部には宮島を囲む瀬戸内海を表現した青色のラインを描き、マグカップ全体で宮島を表現。底面には、スターバックス、「山根対厳堂」(生産者)、「宮島」(コミュニティ)の名称を入れてあり、地域とのつながりを感じられるようになっています。⇒詳細はコチラ 今度「宮島」を訪れたときには見てみようと思っています。♠♠♠

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中