「長崎孔子廟」

 長崎は、江戸時代に唯一中国との貿易を許されたことから、多くの中国人が居住し栄えました。長崎孔子廟」は、1893年(明治26年)に、清国政府と在日華僑が協力して建立したもので、その後、いくどかの改修を経て、1983年(昭和58年)に中国政府の援助によって、現在の「孔子廟」が完成しました。中国山東省曲阜にある総本山なみに、建物の随所に壮麗な伝統美を凝らした、日本で唯一の本格的中国様式の霊廟です。この「孔子廟」には、孔子と72賢人石像や孔子の教えを始め、中国の文化・学術を伝える施設の「中国歴代博物館」も孔子廟の「大成殿」裏にあり、中国の貴重な資料とともに、一般に公開されています。私は長崎の観光ツアーバスで、ここを訪れ説明を受けました。日本にいながら中国旅行の気分も味わえる観光名所です。彩り豊かな極彩色が美しく、日本で唯一の本格的な中国様式の孔子廟として知られています。

 チケット売り場の右手には、「碧水橋」(へきすいきょう)と呼ばれる石造りの橋が架かっていて、その奥に「れい星門」という「孔子廟」へ続く石造りの門があります。この門が日本の鳥居の原型ともされています。池にはたくさんの鯉が泳いでいました。「大成殿」に入ると2メートルの高さを誇る「孔子座像」が祀られています。座像としては日本一だそうですよ。孔子様は、学問の神様としても有名なので、受験生などの参拝も多く見られます。

 なんと言ってもここの圧巻は、中国から運ばれた72体の賢人石像でしょう。孔子の弟子の中でも特に優れた高弟「72賢人」の青白像は等身大で、一体1.8トン。制作者の名前も彫られていました。72賢人はみな、六芸(礼儀・音楽・書道・数学・弓・馬車の運転)に通じた人たちとされています。男性なら自分にそっくりな顔をした賢人が見つかると言われています。探してみましょう。長崎に来たら訪れてみる価値のあるスポットでした。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中