TOEICオススメ教材

  前期の合格発表が終わり、たくさんの生徒が合格の報告に来てくれます。頑張ったご褒美はこんな形で現れてくるのです。「でもまだスタート地点に立ったばかりだよ」ということは忘れて欲しくないので、みんなに釘を刺すことにしています。今からどれだけ変われるかが、人生の分岐点になりますから。

 最近は、入学時にTOEICが課せられる大学が多いようで、「どんな勉強をしたらいいでしょうか?」「何かいい参考書はないでしょうか?」と生徒たちからアドバイスを求められることが多くあります。たくさんの参考書・問題集が出ていますが、そんな生徒たちには、次の本を紹介して薦めています。安河内哲也監修、土屋知洋・中田達也編著/中西のりこ 著/仁科恭徳 著/中川右也 著TOEIC® L&R TEST ベーシックアプローチ』 (三修社、2017年10月、2300円税別)です。TOEIC® L&R TESTに精通した著者陣が、確実に力をつけるための学習法を指南してくれます。英語が苦手な方、TOEIC® L&R TESTを初めて受験する方、スコアが伸び悩んでいる方、新大学入試でTOEIC L&R TESTを利用する方にお勧めの入門・基礎対策教材です。TOEIC新形式にも対応しています。スコアに直結し、応用が効く問題に焦点をあて、詳しく解説してあります。「ワークブック」「解答解説」の2分冊で構成されているのは利用者にとってとても使いやすく有り難いです。教室での使用や自学用にも便利ですね。「ワークブック」には、TOEICの各PARTの対策ならびに文法項目についての分かりやすいポイント解説、演習問題、W&Pリストを掲載しています。各ユニット冒頭の丁寧な基本解説はきちんと仕上げましょう。そして各課の終わりに出てくる「TOEIC頻出W&P」は、ユニットで登場したTOEIC600点超えのために厳選された単語・熟語リストです。しっかり復習して全てものにしてしまいましょう。「解答解説」には、解答、問題ごとの丁寧な解説と和訳、和訳付きの音声スクリプトを掲載。以前に出ていた『TOEIC®TEST即効15日計画 』(三修社)の改訂版です。

 一通り問題を解き終わって、答え合わせを終えたら、もう一度CDを聴いて正答のヒント箇所を聞き取れたかどうか確認をしてみるとよいでしょう。「解きっぱなしにするのではなくて、もう一度復習することでさらに力をつけることができる」というのは、私がいつも教室で生徒たちに強調している大原則です。リスニングのディクテーションや各ユニットの確認・復習テストが三修社のホームページからダウンロードできるようになっていますので、フル活用しましょう。

★目玉となるオススメ単語ソフト

 さて、TOEICであれ、センター試験対策であれ、英検GTECであれ、学習の根幹となるのは英単語学習です。私がこの本で特に興味を持ったのは、編著者でもある中田達也先生(関西大学外国語学部)の開発された「なかたンゴ」です。最新の学習理論に基づいて、長期的な記憶保持を促進することを目的に開発された単語学習ソフトとなっています。無料で使うことができますので、この本の学習の復習にも活用したいですね。実によくできたソフトですので、高校生のみなさんにオススメしておきます。⇒コチラです

 編者・著者の土屋知洋先生中川右也先生は、『センター試験英語過去問題集 文法・語法頻出17項目の演習 TREND 17』(桐原書店、760円+税)でご一緒した仲間です。有り難いことに、たくさんの学校で使っていただいて版を重ねています。⇒この本の詳しいご紹介はコチラです この本には演習用のアプリ(無料)も用意されています。⇒コチラ  松江北高の補習科で総復習にこの問題集を使ったんですが、センター当日ぎりぎりまでこの問題集を確認していて高得点が取れた(198点)、と喜んで報告してくれました(九州大学に合格)。❤❤❤

▲左から土屋先生(防衛大学)・八幡・中川先生(鈴鹿高校)

広告
カテゴリー: 英語指導に関して パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中