麺屋Qu

◎週末はグルメ情報です!!

 松江のラーメン激戦区、島根大学周辺にまたもや新店「麺屋Qu(クウ)@松江市学園」が誕生しました。長らく閉店状態だった理髪店の店舗に改修工事が入り、「麺屋Qu」が開店しました。基本は牛骨ラーメンのようですが、メニューには「担々麺、塩、味噌、醤油」とある。店長さんによれば、牛骨の香りをよく味わえるのは塩で、醤油はけっこう強めなのでそばのようです、とか。「私は透き通ったスープの塩が好きでして」という店長さんの言葉で、「牛骨塩ラーメン」(750円)を注文。スープはとても丁寧で、牛特有の臭みもなく、甘みと香ばしさを感じる美味しいものです。中太麺も固めに仕上げられていて美味しいです。けっこう脂が多めで、表面を覆う、清湯スープ。しかしそれほど牛骨特有の甘い香りは強くなく、やや甘さのある塩味で、スッキリ淡麗な味わいです。麺は中細縮れ麺。加水はやや高め?粘りを感じる食感です。トッピングは、炙りチャーシュー、もやし、ネギ、海苔。チャーシューは芳ばしさもあり美味い。器や盛り付けもお洒落で,鳥取の牛骨スープを上質にした感じ。この激戦区では牛骨スープは初めてなので、定着するといいなとは思います。島根大学がすぐそばにあるので(1分)、ある程度学生の懐事情を考慮して、学割サービスなどを取り入れる必要があるかもしれません(750円という値段設定は学生にはチョットキツい)。ドンブリのマークや看板に小さく「63」と書いてあるんですが、同じ松江市学園で営業するダイニングバー「シックススリー」の2号店という扱いのようです。

 一緒に頼んだ「炙りチャーマヨ丼」は(「ミニ」と「普通」があります)この近辺では珍しいと思いました。北海道・小樽の「初代」(⇒コチラです)に行く前に、地元の先生から「「チャーマヨ」が美味しいからぜひ食べてみて」と言われて、行列して美味しくいただいたのを思い出します。それ以来でしょうか。すごく美味しかった。ラーメンと一緒に食べるには「ミニ」が適量です。

 店内は新しいお店らしくきれいです。カウンター席、テーブル席がおしゃれに配置されています。店長さんは鳥取出身で、きさくな方でいろいろとお話を伺うことができました。❤❤❤ 

 

 

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中