エヴァンゲリオン展

 現在、リニューアルなった松江市袖師町にある島根県立美術館(⇒コチラ)で、大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす本格的な展覧会「エヴァンゲリオン展」が開催されています。~7月9日(月)までです。私はこの連休中にお邪魔してきました。「エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビアニメが放送されて以来、幅広い世代から人気を集め続ける日本のアニメーション史上、屈指の名作です。魅力あふれるキャラクターや壮大なストーリー、そして映像や音楽への高い美意識。本展は映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを中心に、総数約1300点の作品・資料を展示しています。総監督庵野秀明氏および制作会社カラーの監修で開催される展覧会です。ご興味のある方は展覧会のチラシコチラをご覧ください。展示のほとんどを占めている原画の数々はファンの人たちにとっては堪らないのでしょうね。私はアニメの世界はよく分からないので、「なんか、ずいぶん指示がごちゃごちゃと書き込まれているなあ」という程度です。多くのファンらしき人たちは原画の前で立ちつくして入念に目を凝らしていました。

 そういえば、以前にご紹介したエヴァンゲリオン新幹線」(⇒私のこの列車への乗車記はコチラをご覧下さい)も、去る5月13日に運行を終了しましたね。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をデザインに取り入れた500系新幹線「500 TYPE EVA」の最後の姿を一目見ようと、最寄りの停車駅には大勢の見物客が詰めかけました。もともとは、JR西日本が山陽新幹線の全線開業40周年を記念し、2015年11月に運行を開始したもので、新大阪―博多間を1日1往復してきました。当初は2017年3月までの予定だったのですが、外国人観光客にも好評で、今月まで運行を延長していたものです。紫色を基調とした外装は、アニメの主人公が搭乗する兵器「エヴァンゲリオン初号機」をイメージしたもので、1号車には対戦ゲームが楽しめるコックピットが設置され、旅行客にも好評でした。珍しい列車なので、是非一度乗っておきたいと思い、私は昨年乗車しました。

 あ、そうそうJR西日本は今夏から、人気キャラクター「ハローキティ」をあしらった新たな新幹線を走らせるそうですよ。⇒コチラ  1号車では、西日本の地域紹介が期間限定で行われます。最初は観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催される鳥取県島根県だそうです。絶対に乗るぞ!❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中