旧北海道庁舎

 外壁の赤い星が開拓使のシンボル。北海道の象徴といえばこのレンガ造りの建物ですね。札幌の北3条通から西方面を望むと、突き当たりに堂々とした姿の「北海道庁旧本庁舎」が見えます。赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物です。現在使われている新庁舎ができるまで、約80年に渡り道政を担った旧本庁舎は、1888年(明治21年)に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築です。建築の資材の軟石、木材など多くは北海道産品を使用しました。明治時代に作られたひずみのあるガラスや、化粧枠にしまわれた寒さ対策の二重扉など、そこかしこに当時の機能美が感じられます。館内は一般に無料公開されていて、北海道の歴史をたどる種々の資料を展示しています。時間さえ許せば、常駐している観光ボランティア・スタッフの説明を聞き、建物の奥深さを感じることができます。建物の至るところには、北海道開拓使のシンボル「五稜星」が。周辺をぐるりと回って、探してみるのも楽しいですよ。

 札幌の歴史的建造物は、その多くが有料での観覧になりますが、「赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)」は無料で開放されているのが嬉しいですね。写真撮影の場としてもおすすめです。北3条広場(通称・赤プラ前)にはれんが造りの休憩スペースが多くあります。ポプラ並木の下でランチをとるのも札幌市民の楽しみ方。赤れんが庁舎前で旅グルメ、一度試してみてください。

 使われているレンガは、札幌近郊で焼かれたものです。当時、レンガに適した土が見つかった白石村(現・札幌市白石区)に、鈴木煉瓦製造場など何軒かのレンガ工場があり、これらのレンガが使われました。レンガの積み方は長手と小口を交互に積む「フランス積み」で、美しい姿を見せています。また至るところにあしらわれた赤い星のマークは、北極星をイメージして開拓使が自らのシンボルにしたものです。

 中に一歩足を踏み入れて、庁舎内内装もクラシックです。1階正面ホールの三連アーチ、防寒対策の二重窓をはじめ、旧北海道長官・知事室であった記念室の細かい装飾やデザインは、思わず見とれてしまう繊細な美しさを放っています。その他、北海道の文化と歴史や樺太、北方領土関連の資料が揃う北海道立文書館、北海道博物館 赤れんがサテライト、樺太関係資料館、赤れんが北方領土館、国際交流・道産品展示室などを見学することができます。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中