大原美術館

 岡山県倉敷市の大実業家(倉敷紡績社長)であり、美術品収集に巨額の私財を投じた実業家、社会貢献や福祉の分野にも多大な足跡を残した大原孫三郎(1880―1943年)は、西洋美術を紹介する日本初の本格的な美術館「大原美術館」を、1930年に倉敷に創設しました。私設では日本初の西洋美術館です。印象派の洋画を中心に、日本の工芸や東西アジアの古美術まで、4館にわたって多彩なコレクションを展開しています。開館の礎となったのは、同じく岡山県出身の画家である児島虎次郎(1881―1929年)が、孫三郎の支援と理解を得てヨーロッパで収集した美術品の数々でした。その後も大原美術館は、孫三郎の思想を引き継いでコレクションを拡充し、日本を代表する美術館として多くの美術愛好家の心を捉え続けてきました。 大原美術館のコレクションは、西洋近代美術のほかにも、日本近代洋画、民芸運動ゆかりの作家たちの作品、エジプトやオリエント、東洋の古代美術、そして戦後美術から、いま第一線で活躍している現代美術家の作品まで、きわめて多岐にわたります。私はこの場所が大好きで何度も訪れています。

 まず、優美な姿をたたえる「本館」に入ると、最初に入館者を出迎えるのが児島虎次郎「和服を着たベルギーの少女」で、「館の原点を示す」とのメッセージが込められており、虎次郎の死を悼み、その翌年に開館したこの美術館を象徴する作品です。2階にはクロード・モネの傑作「睡蓮」が飾られています。モネの家を直々に訪ねた虎次郎が、「日本の絵描きのために」とモネが用意していた数点の中から、15年間モネが手放さなかったという本作品を選び、持ち帰ったものです。いわば日本のために贈られた一枚で、私の大好きな作品です。他にもエル・グレコ「受胎告知」ゴーギャンの作品などが目を引きます。パリの画廊でグレコの作品を見た虎次郎は、金額の高さに即決はできず、孫三郎に「カネオクレ」と電信を送ります。60日後、「グレコカエ、カネオクル」と返信が届き、買い付けに走った日本が誇る奇跡の一枚です。

 日本の絵画・彫刻を展示した分館」、日本の工芸や東アジアの古美術を扱った工芸・東洋館」、歩いて10分ほどのところにあるアイビースクエア内にある「児島虎次郎記念館」にも回ってみました。出口にある小さなショップで売られていた「アートトランプ」も記念に買っておきました。私は珍しいトランプのコレクターでもあるんです。

   「中庭」にはモネの自宅から株分けされたスイレンが浮かぶ池もありました。出口を出てその隣が名画の余韻を楽しむカフェ「エル・グレコ、そのお隣が「大原美術館ミュージアムショップ」です。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中