マイコラス投手

 昨季まで巨人軍に3年間在籍して大車輪の活躍を見せたマイルズ・マイコラス投手が、今年は巨人を退団して、大リーグのカージナルスに復帰しました。巨人時代も投手陣の大黒柱(通算31勝13敗)としてずいぶんと貢献してくれたピッチャーでしたが、今年巨人が苦労しているのも、彼がいなくなった分をなかなか埋め切れないでいることにも原因があります。マイコラスはメジャーに復帰して絶好調で、現在7勝1敗(!)と活躍しています。4年ぶりにメジャー復帰して、開幕6連勝をマークして飛躍しています。もちろんチーム最多、リーグでも2位タイです。防御率は同3位の2.27です。少し自分に驚いてもいる」と言うほどの好成績です。あの150キロ台の速いストレートとドロンとしたカーブ、日本で磨いた抜群の制球力があればこのくらいの活躍は当然と言えましょう。巨人は惜しいピッチャーを失いました。この7勝目を挙げた試合で、MLB公式サイトによれば、マイコラスが験(げん)を担いでいたことを紹介しています。彼は汗かきで普段は複数のユニホームを用意し、イニング間で着替えながら投げ続けるんですが、同試合では同じユニホームを着続けたといいます。マイク・マシーニー監督が記事の中で「彼は汗かきなんだ。本当によく汗をかくんだよ。通路を歩いていると、彼のユニホームが並べられているんだ。なぜなら彼は汗びっしょりになって着替えなきゃいけないってことがすでにわかっているからね」と明かしているほど。しかし、マイコラスは「着替えられるように(ユニホームを)用意しておくんだけど、今日は結局使わずじまいだったね。僕は少し験を担ぐんだ。いい結果が出た時のユニホームを使い続けるんだよ」と語っており、汗でびしょ濡れのユニホームで投げ続けたようです。巨人からメジャー復帰1年目にして早くもオールスター・ゲーム初出場の声も上がり始めている右腕です。もしそうなったら、すごく素晴らしい経験になる。一生の思い出にもなるね」と率直な思いを口にしています。

★巨人今季初めてのサヨナラ勝ち!!★

 なかなか調子の出ない大ファンの巨人軍ですが、交流戦もずっと負け越しが続き何と現在はセリーグ単独の最下位(!)です。そんな中、6月10日の西武戦では、今年のドラフト3位の代打大城のヒットで今季初めてのサヨナラ勝ちを収め、久しぶりのカード勝ち越しです。先発のマウンドを託された内海が3、4回に1点ずつ失い同点とされるも、ベテランらしい投球で西武打線を抑え、7回2失点と粘投を見せました。やはりベテランの味で、登録抹消となった吉川野上とは違って(彼らは初回で試合をぶち壊していましたから…)きちんとゲームを作ってくれます。その後、マシソン、カミネロとリリーフ陣が無失点でつなぎ、迎えた最終回。内野安打の岡本阿部がバントで送り、さらに一死満塁とチャンスを広げると、代打・大城が値千金の右越えサヨナラ打を放ち、勝負を決めました。巨人は今季初のサヨナラ勝ちで、8カードぶりに勝ち越しを収めました。大城の素晴らしいサヨナラ安打が決めてくれたのですが、この試合をテレビ観戦していて、実は隠れた勝因は2つあると感じました。勝ち負けこそつきませんでしたが、ベテランの内海投手が粘り強く投げて試合を壊さなかったこと、最終回に前日にホームランを打っている大打者阿部にまで(通算392本塁打)送りバントをさせるという勝ちに執念を見せたことです(最近の巨人は送りバントができないでいた。阿部がやったことに大きな意味がある)。最下位脱出!今日は気持ちよく夜の仕事に精が出せました。❤❤❤

▲巨人軍HPより

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中