「やすらぎの館」

 

 地下1031mからこんこんと湧き出た黄金の湯の天然温泉。大浴場、露天風呂、家族風呂、岩盤浴を備えた、長崎ハウステンボスに2015年にオープンした温泉施設「やすらぎの館」です。大浴場、露天風呂、家族風呂、岩盤浴を備えた温泉施設です。ひとたび浸かれば心も体もしっかりと癒され、美容にも健康にもうれしい温泉です。緑に囲まれた自然の中、日頃の疲れを忘れリフレッシュできます。温泉にゆったりと浸かった後は、ステーキ、ハンバーグ、パスタがメインの洋食レストラン(フェリーチェ)で食事を堪能できます。大浴場の泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、保温効果に優れ湯冷めしにくいお湯です。その他にも人工炭酸泉も用意されています。

 ハウステンボスに行った帰り、リニューアルされた特急「ハウステンボス」に乗るまでに2時間ほどあったので、出かけてみることにしました。佐世保市内から「やすらぎの館」までを結ぶ巡回無料シャトルバスが運行されていて、私は「変なホテル」から乗車して「やすらぎの館」まで行きました。帰りはタクシーを呼んでもらって、「ハウステンボス駅」まで戻ってきました。 

 まずは靴を脱いで館内に入り、上り口横の靴箱へ靴を入れて上がります。この靴箱は無料。 靴箱の鍵を持って中のカウンターへ進みます。カウンターで利用プランを伝えます。私は「大浴場」(900円)を利用しました。家族風呂・岩盤浴も用意されていました。タオルとバスタオルのセットをレンタルしてくれます。カウンター横にあるレストランへ続く廊下の先には「仮眠室」もありました。

 「やすらぎの館」の泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉で、保温効果に優れ湯冷めしにくいお湯です。その他にも人工炭酸泉もあり、高濃度の炭酸泉を利用することができます。炭酸温泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。弱酸性で、からだの表面に対して肌や髪の引き締め効果があるといわれています。炭酸風呂」「ナノ風呂」「ジャグジー」「電気風呂(檜風呂)」「水風呂」と5種類の温泉が用意されていました。そして奥には「ミストサウナ」、外には「露天風呂」もありました。1時間くらいしか自由になる時間がなかったので、一通りざっと入ってみました。私は朝一番に開館とほぼ同時に入館したので、お客さんも誰もおらず私一人の貸し切り状態でのんびり過ごすことができました。心臓にもよいという温泉には、時間があれば、ずーーっと浸かっていたい気分でしたよ。いいお湯でした。時間のある人たちには、家族風呂、岩盤浴、アクアドリーマー(涼み室)、エステ・ボディケア・あかすりなども利用できます。そして入浴後は、レストランで食事も取れるようになっています。素敵な温泉施設でした。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中