ママさん

 今日は、2年ぶりに東京・茅場町にある「マジックランド」を訪問しました。地下鉄の出口を変なところで出てしまい、方角が分からずに迷子になっていました。数年前にお店が移転したので勝手が分からず、雨降る中をグルグルと周囲を回っておりましたら、親切な郵便局員さんに出会い道を教えてもらいました。あった、あった!エレベータで上がると、いつものように、ママさんが元気にお迎えしてくださいます。今日はママさのお年を聞いてビックリ!トンさんもお元気だそうです。息子さんもお仕事に励んでおられました。若い頃から、東京に出てくると必ず立ち寄らせていただくマジック・ショップです。マジシャンたちの「聖地」でもあります。

 今日の目標は、「透明人間かな」という、最近ママさんが演技を公開しておられた作品を買うことでした。新作と思っていたんですが、お聞きすれば、昔作ったリバイバルだそうです(作者はMark Setteducati)。とっても不思議なマジックです。3分割の透明プラスチック板に、3組のペア、計6人の人物が印刷されています。この3片をそれぞれ裏返すと、中央のペアの1人が消えて5人になってしまいます。消えた1人は意外な所から出てきます。原理自体はよくあるものですが(⇒例えばコチラ)、他の作品は人数が多くなにかぼんやりした印象なのに対して、今回の作品はコンパクトで、6人⇒5人と現象がはっきりしているので、魅力的かなと感じました。最後は消えた1人が意外な所から出てくるのにビックリです。ママさも同じことをおっしゃっておられましたね。それではママさんの演技をご覧下さい。

 いつものようにママさんの実演を見せてもらい説明を受けながら、たくさんの商品を買い込んできました。マジシャンのハリー・アンダーソン(Harry Anderson)が亡くなったことも初めて聞きました。ちょうど彼の追悼号Genii, Juneが入荷していたので買って帰りました。偶然店内に、ママさんと旦那さんのトンさの素敵なお写真を見つけました。実に味わい深い写真です。ママさん、タブレットの待ち受け画面にもこの写真を使っておられましたよ。マックスさんのものなど数作品を購入して、名残惜しかったですが、店の出口を間違えて(みなさん間違える、とママさんがおしゃっておられました)、雨降る中をお店を後にしました。ママさん、貴重なお話ありがとうございました。いつまでもお元気でいてください。♠♣♥♦

広告
カテゴリー: マジック紹介 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中