「特急ときわ」

 私は飛行機嫌いで通っており、どこへ行くにも鉄道です。鉄道大好きなんです。出来ることなら全国の特急列車を制覇したい、という大それた夢もあります。今日は東京駅から、土浦へと向かいました。常磐線(じょうばんせん)を走っている特急列車に「ひたち」「ときわ」があります。2012年に初登場し、約1年かけてE657系に統一されました。「スーパーひたち」「ひたち」に、フレッシュひたち」「ときわ」に名称変更されています。特急ひたち」は、上野~水戸間はノンストップの列車が多く、終点はいわきとなっています。特急ひたち」は、停車駅が少なく速達性に優れているため、勝田~いわき方面へのアクセスに便利な列車です。それに対して、特急ときわ」は、特急ひたち」が通過する上野~水戸での途中停車駅が多いのが特徴で、多くは勝田駅が終点となっています。簡単に言うなら、特急ひたち」が速達タイプであるのに対して、特急ときわ」は近距離利用客を目的とした停車タイプの列車と言えましょう。私は今回土浦に行くのに、特急ときわ」に往復乗車しました。ホームに入って来た運転台車両のライトは、一見すると猫のようですね。実にかっこいいボディです。車体側部の赤いラインは、水戸・偕楽園の梅をイメージしていると聞きました。

 さて、この特急「ひたち」「ときわ」の大きな特徴は、従来からある指定席・自由席の区分を撤廃し、普通車の全席に新たな着席サービスを導入し、全ての座席で指定が可能で、安心して座ってゆったりと利用することができるという点です。特急料金も求めやすく、シンプルでわかりやすい料金体系になっています。びっくりしたのは、全席指定なのに、発車時間や座席を指定しないで自由に乗れる乗車券「座席未指定券」の存在でした。どれに乗るかまだ利用する電車が決まっていない場合には、これを購入して乗車します。車内に入ったら、疑問は解決しました!座席全席の上方の棚の下の部分に緑色・黄色・赤色のランプが付いています。これはどういう意味かというと、緑色は現在の区間が予約指定席で予約されていて座れません。黄色は現在は空いているけどもう少しで指定予約者がいる区間に入ります。そして、赤色は空席です。これを目印に空席を確保することができるんです。指定席券」を持っている人は、もちろん券面に記された指定席へ座れば良いのですが、座席未指定券」を持っている人は座席上ランプにて座席が空いているかどうかを確認し、空いている(赤色点灯)席であれば任意の席に座ることのできる制度です。ところで、不思議に思うのですが、座席のランプは「空いていれば緑、空いていなければ赤」の方が自然じゃないでしょうかね?車内は明るく、目的としては空席を見つけるものなので空席を探す際に赤の方が目立って見やすいからでしょうか。また、乗車率が高い場合、緑色(青)の方が心地よいということで、結果的に信号機などのイメージとは、色が逆になったものと想像しています。このシステムの詳細はコチラをご覧ください。東京駅土浦駅の該当ホームには、この座席指定券を買うことのできる自動券売機が設置されていました。これは実に便利で面白いシステムですね。座席未指定券」を事前に買うよりも、車内で求めると高くなりますよ、と車内放送が繰り返し流れていました。

 特急「ひたち」上野〜水戸間ノンストップなのですが、ときわ」は途中に停車駅があります。そのせいか、ひたち号では行われている車内販売サービスがときわ号では行われていません。上のような事情で車内改札もありませんので、1時間弱の間、のんびりと車内でくつろぐことができました。実に快適な車内です。

 普段よく乗る東海道新幹線「のぞみ」などでよく見るのは、車両の窓側の足元あたりにコンセントがあり、通路側では使えないことも多いのですが、特急「ときわ」では、各席のひじ掛けの先端にコンセントが備え付けられています。車両が新しくなったことで、ノートパソコンを利用するビジネスユーザーばかりではなく、スマートフォンなどで常に充電状況を気にしながら、携帯機器を使わなくならなくなった現在の時代の要請を受けているのでしょう。また、WiMAXでのインターネットも使えるようでした。これも大きな特徴でしょう。

 列車のスピードは時速100キロちょいくらいでしょうか(最高速度は130キロ)。乗っていたのは1時間弱だったんですが、車両が真新しく、綺麗な車内で快適な旅でした。窓も大きくて車内からの眺めも最高です。白い壁面と木目調のシールで全体的にシックで落ち着いた車内です。直接照明の効果からかずいぶんと明るい車内と感じました。2×2列の座席は、横幅も前後の幅も広々としています。ヘッドピロー、ドリンクホルダー、大型背面テーブルコートフック、肘掛けに電源コンセントと至れり尽くせりです。

 「グリーン車」の座席も、普通車以上にゆったり感が半端なく、リクラインニングの角度もかなり倒すことができ、フットレストバーもあり、のんびりとくつろげそうです。座席の頭の当たる部分には、もう一つのクッション(ヘッドピロー)がついており、真白なカバーがかかっていました。清潔感が半端ないですね。車内もきれいで、デッキ部分は山陰を走る特急列車とは比べものにならないくらい、見栄えのするものでした。ちょうど山陽・九州新幹線「さくら」「みずほ」のデッキと似ていたかな?私はこうやって、全国の特急列車を一つ一つ制覇していっているんです。果たして全制覇できるのはいつのことになりますやら。❤❤❤

 今回の豪雨災害で被害に遭われた方が、私の近くにも何人もおられます。床下浸水、庭が水没、車が水没等々。心よりお見舞い申し上げます。広島県で小学校の先生をしている教え子は、学校へ行く道が寸断されていて学校に行けない、生徒たちの家も大被害を受けており、パニック状態にあると悲しんでいました。一日も早い復旧をお祈りいたします。JRも線路が流されたり、土砂の流入で、不通箇所がたくさんあります。岡山で予定されていたセンター試験の説明会は、予定通りやることになったそうです。

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中