「遺留捜査」主題歌

 テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」(第5シーズン)が、7月12日からスタートしましたね。遺留品にこめられた最後のメッセージに耳を傾け、被害者の想いと事件の真相に迫る風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描いたドラマで、「ぼくに3分だけ時間をくれませんか?」が決めぜりふです。毎週木曜20:00~で、初回の今回だけは2時間スペシャルでした。出演は、上川隆也、栗山千明、戸田恵子、梶原善、永井大、甲本雅裕、他。その主題歌には、あの小田和正さんの「やさしい風が吹いたら」「小さな風景」の2曲が使われます。放送回の物語にあわせてどちらかの曲を使用するとのことでした。初回は「やさしい風が吹いたら」でしたね。ドラマの最後、実にいいところで、小田さんのあのやさしい声が登場しました。記者発表会見で、主題歌について言及した上川さんは、「1つのドラマに2つの主題歌を持つ作品というのを見聞きしたことがないんですよ。そんなぜいたくをさせていただいたことも今回が初めてですし、しかもその作品内容にあわせて適宜使用して良いですと言うことで、小田さんは“なんて心の広い方なんだ”と同時に『遺留捜査』という作品が恵まれた幸せな作品だと思いました」と、感謝の気持ちを伝えていました。

 それに合わせて、7月12日の『朝日新聞』朝刊及び『読売新聞』朝刊を見てビックリしました(私はどちらも定期購読しています)。展開中の小田和正ツアー「ENCORE!!」 と、放送されるテレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」とコラボレーションした全面広告が掲載されていたんです。しかも『朝日新聞』「小さな風景」の歌詞を掲載、『読売新聞』の方は「やさしい風が吹いたら」の歌詞を掲載と、ダブル主題歌にあわせて、別々のものになっているという手の込んだ広告でした。

 今週末には、小田さんが松江市総合体育館で2日間コンサートです。私はすでに知り合いから、どんな曲をやるのかという情報を仕入れて、今から楽しみにしているところです。オフコース時代の懐かしい「愛の唄」「愛の中へ」「秋の気配」「愛を止めないで」「Yes-No」「 Yes-Yes-Yes」「君住む街へ」 「生まれ来る子供たちのために」「さよなら」などが演奏されるそうです。北高でもチケットが取れずに「立ち見席」を買ったという先生がおられますが、こと小田さんのコンサートに関する限り、全く関係がありません。1曲目からお客さん全員が総立ちになりますから(笑)。立たないのは私ぐらいです(笑)。ここがさだまさしさんのコンサートと違うところです。さださんのコンサートでこんなことをやったら、救急搬送だらけになってしまいます。年齢層が違うんです(笑)。❤❤❤

 

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中