「福砂屋」の五三焼きカステラ

◎週末はグルメ情報です!!

 いつも私はカステラは「福砂屋」(ふくさや)と決めています。⇒コチラ  このお店の普通のカステラも十分美味しいんですが、たまに贅沢をしたいと思った時には最高級の「五三焼き」を買います。限定品なのでいつでも買えるというわけではないんですが、ラッキーな時には店頭に出ていたりします。長崎カステラ本家「福砂屋」の手作りひとすじの伝統の味です。今日は東京駅「大丸百貨店」でちょうど見つけたので買って帰りました。

 「五三焼き」は、卵と砂糖の配合を多くし、小麦粉を少なく配合した「福砂屋」起源の特製カステラです。現在も高度な技術をもった少数の職人が真心こめて焼き上げており、量産できない濃厚な本物の味わいを求めるお客様が絶えません。この五三焼は、卵と砂糖を多くし、小麦粉を少なく配合した「福砂屋」の特製カステラです。お店の受売りですが、高度な技術を以った少数の職人が真心こめて焼き上げている』ようです。上火、下火の火加減は高度な熟練の技を必要として、その焼き手はごく僅かな職人さんに限られているそうですよ。量産できない濃厚な味わいに根強いファンは多くて、私もその一人です。カステラの甘さ、美味さに、深いコクがプラスされて何とも贅沢な大人のお菓子やと思います。「福砂屋」のカステラの最高級プレミアム品ですね。手に取ると、普通のカステラでも十分美味しいんですが、生地はしっとりしていて、きめ細やかで卵黄の黄色も濃いんです。歯ざわり、舌触り、喉越しも楽しいカステラです。あとカステラの底部のザラメが、また、凄い。他で見かける無理やり付けたようなのと違い、甘さにくどさがなくて口内で蕩ける舌触りが好きなんです。

 日本人の味覚に合うように、工夫・改良をこらしたカステラづくりの歴史の中で生まれました。卵黄5:卵白3の黄金比率が名前の由来で、もちろん個数限定の商品です。「五味(ごみ)カステラ」とも「五三(ごさん)カステラ」とも伝わるもので、第12代目清太郎が配合に工夫を凝らし発案しました。第13代目為三郎の時に、宮中献納の栄に賜り桐箱に納めて献上されて以来、多年にわたり人気商品となっています。現在の店主は殿村家第16代目です。値段は1本2916円と良い値段なのに、この味なら安いと思います。食べやすいように10切れに切れ目が入れてあるのも嬉しい配慮です(歌手のさだまさしさんは、ちぎって食べるのがカステラの醍醐味だとおっしゃっておられましたが…)。❤❤❤

広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中