『ENCORE!!パンフレット』

 去る7月22日に行われた小田和正コンサート」に(⇒私のコンサート・レポートはコチラです)、開場時間より早めに行くと、会場の総合体育館前のテントで、コンサート・グッズの先行販売をしていました。小田和正さんのコンサートに行くと必ず買うのが、このパンフレットです。パンフレットと言っても、とても分厚いまる一冊の書籍です。ツアーの度に作られるこのパンフレットは、いつも中身が濃く、普通の歌い手さんのパンフレットとは訳が違うんです。今回の『ENCORE!! パンフレット』(3500円) も大冊の小田和正70年史」になっています。もうこれはお宝の1冊と言ってもいいですね。Day by Day, Step by Stepで、小田さんがこれまで積み重ねてきた人生70年分のアンコールが、この1冊に凝縮されています。幼少期から70歳までの約1,000点の写真とエピソードで構成された 全240ページの大冊です。見応えも読み応えもあるファン必携の超豪華完全保存版ですね。 サイズ:横225×縦200mm 本文240ページ 定価:3500円 「まえがき」から実に読み応えのある文章が続いています。


 今回、私がこの他にも買ったものは、マグカップ(1500円)、キーホルダー(1200円)、スポーツタオル(今治製、2500円)でした。小田さんのマグカップはいっぱい持っていますが、なぜかこれでコーヒーを飲むと美味しいんですね。キーホルダーもこれまでずいぶん買ってきました。スポーツタオルも学園祭の時には重宝します。タオルはやっぱり今治ですね。でも、次回が本当にあるのかどうか?を考えた時、今回のグッズはちょっと使うにはためらいを覚えます。記念にずっと取っておこうか?!

★7月22日は小田さん悪夢の交通事故の日! 

 今回、松江市総合体育館2日目のコンサートが行われた7月22日は、小田さんにとって忘れられない思い出のある日でした。1998年7月22日午後9時20分頃、栃木県都賀町の東北自動車道下り線の栃木―鹿沼インター間で、小田さんが運転する愛車、銀色のトヨタ「セルシオ」が真ん中の車線を走行中、雨のためにスリップして、道路左側のガードロープに激突しました。自身が主催するゴルフコンペに向かう途中の事故でした。車は追い越し車線まで弾かれて停止、車の右前部と右後部がメチャメチャに大破しました。雨の中を時速80キロ規制のところを、小田さんは100キロで走行。「スリップで驚き、ハンドル操作を誤った」と話しました。

 その瞬間「しまった」とは思ったけれど、どこかの新聞に書いてあったようなパニックにはならなかったし、ブレーキも全く踏まなかった。一本目の白い破線を横切りながら、ハンドル操作がいっさい役に立たないのが分かった。車は更に左へと流されながら、時計と反対方向に回り始めた。「絶対ぶつかる」と思った。後方車を確認する余裕はなかった。「次の瞬間は死んでるかもしれない」と思った。走馬灯のように一瞬にして過去を見るということもなかったし、誰かの顔が浮かんで来るということもなかった。幸い「恐い」と思う時間もなかった。最初の衝撃をイメージした直後、車は思いっきりガード・ロープに激突した。7月22日夜、9時20分のことだった。―『ENCORE』

 マスコミはこぞってこの大事故を「小田さん、九死に一生を得る!」という表現を使って報道しました。右鎖骨骨折、右肋骨骨折、中心性頚髄損傷という絶対安静の重傷でした。小田さんのその後の生き方に大きな転機をもたらした大事故でした。彼はこれを契機に、ファンサービスに一層力を入れるようになったのです。そのことは詳しくこのブログで取り上げています。⇒コチラです そんな7月22日のコンサートでした。思い入れもあってか、3時間30曲心を込めて熱唱されていました。コンサート終了後の会場前のコンサート・グッズ売り場テントは、とんでもない人混みになっていました。❤❤❤

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中