morning callは和製英語?

 北九州市立大学の言語学の准教授であり、福岡で新聞連載・レギュラー番組を持つ注目のアメリカ人女性“アンちゃん”ことアン・クレシーニ先生(アンちゃん)『バリバリウケるジャパングリッシュ』(アルク ソクデジBOOKS、2018年4月)はもう読まれましたか?「和製英語」の読み物として、とっても面白いです。先生方にオススメしておきますね。私たちの日常生活にあふれている「カタカナ英語」を、アメリカ人のアン先生が、自身の体験談を交えながら、カタカナ英語の面白さや、カタカナ英語を「通じる」英語で言うには?を紹介しています。普段から特によく使う言葉「○○アップ」や「マイ○○」など、12個がピックアップされて取り上げられています。本書は(株)アルクの語学情報ウェブマガジン「GOTCHA!」に連載されたものを再構成し、新たな内容を加えて電子書籍としてまとめたものです。先日の先生のテレビ番組「ワタシが日本に住む理由」もずいぶん話題になりましたね。先生の博多弁と英語のバイリンガルブログ「アンちゃんから見るニッポン」も要チェックですよ。日本語と英語の両方で書かれているので、私は生徒たちに英語の勉強になるよ、と薦めています。⇒コチラです

 そのクレシーニ先生の最新刊が、『ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?』(ぴあ、2018年8月)です。アンちゃんは、見た目のクールさとは裏腹に、愉快で豪快な人間性に惚れ込む人が続出し、現在ではテレビのレギュラー番組や新聞連載など、九州地方でどんどん知名度を上げ、今や全国区のニュース番組でも密着されるようになりました。本書は、そんなアンちゃん念願の「和製英語本」です。「和製英語は魅力的な日本語のコミュニケーション・ツール」と考えるアンちゃんが渾身の力を込めた、おもしろおかしく、それでいてとっても役に立つ、そして何よりも誰かに話したくなる内容となっています。英語だと思って使っているけれど、実は英語圏では通じない「ペットボトル」、「フライドポテト」、「スリーサイズ」、「ペーパードライバー」「SNS」「ヴァージンロード」「チャイルドシート」などの「和製英語」。日常生活にあふれるこれらの言葉を、200の実例と多角的な切り口で徹底解説したのが本書です。最初から読んでも、もくじより自分の気になる単語からチェックしても、適当に開いたところから眺めても、 驚きながら、笑いながら、いつのまにか愉しく知識が増えていくこと間違いなしの一冊です。肩の凝らない読み物として、それでいてためになる、みなさんにお薦めしたい一冊です。⇒本の詳細はコチラ

********************************************************************************

 上の写真でも分かるように、この本では、「モーニングコール」は和製英語と断じられています。このことはほとんどの辞典・参考書を参照しても明らかだと思われます。今日はこの話題に触れてみたいと思います。アン先生は、「警鐘」の意味で使われることにも注意を喚起しておられました。

 私たちは『ライトハウス英和辞典』(研究社)の改訂作業(1994年時点)で、He requested a morning call at 8 a.m. by the hotel operator. / I asked the hotel desk for a morning call at 6./ Request a morning call at the front desk.のような用例を示して、イルソン博士、アルジオ博士に判定を求めました。イルソン博士は、a wake-up callが普通の英語だから、morning callは削除するようにとおっしゃいました。アルジオ博士は、自分の知る限り、そのような表現は存在しない。a wake-up callまたはa call in the morningというのが普通である、と述べられました。このことから、「和製英語」と考えても良さそうです。

Give me a call in the morning, will you?
*Give me a morning call, will you?

 さて、ここからが本題です。一応、「モーニングコール」「和製英語」です。しかしながら、アン先生の前著『バリバリウケるジャパングリッシュ』では、「和製英語」と述べながらも、ちょっとニュアンスの違う書き方です(下線部参照)。

 それから「 モーニング コール」 も 和製英語 です。 これ は 純粋 な 和製英語 だ けど、 英語 圏 で 使っ た として も、 文脈 で 分かっ て もらえる 可能性 は 高い と 思い ます。 英語 では、 wake-up call と 言い ます。 wake up は 英語 で「 起こす」 の 意味 です。 だから、 wake-up call の 意味 は、「 電話 で、 私 を 起こし てね!」 です。 Can I get a wake-up call for 6 a. m.?  午前 6 時 に モーニング コール を お願い でき ます か。

 この点をもう少し考えてみましょう。亀田尚己・青柳由紀江・J.M.クリスチャンセン『和製英語事典』(丸善出版、2014年)は、すぐれた和製英語研究書として私が高く評価している本ですが、そこには△(通じる場合もある)という判定が付けられています。その理由は次の通りです。

 モーニングコールとは、ホテルなどで、朝の指定された時刻に部屋に電話して宿泊客を起こすサービスのことをいいます。英語ではa wake-up callといいます。wake upとは「目が覚めること、目覚め」また「起こす」ことを意味しますので、a wake-up callで、「目覚ましのための電話」になります。一方英語のa morning callは本来「午前中の訪問」を意味します*。ただcallには、動詞でも名詞でも、「訪問」の意味だけでなく、「電話」の意味もありますので、モーニングコールで午前中の電話のことかと類推されるでしょう。

 モーニングコールには「目覚ましのための電話」という意味はありませんが、時間を指定すれば、a wake-up callだと解釈してもらえるでしょう。一般的な表現ではありませんが、日本人が間違ってよく使うせいか、理解してもらえる和製英語になったといえます

 また、尊敬するデイビッド・セイン先生の最新刊『ネイティブが「がっかり」する英語140』(PHP出版、2018年8月)には次のようにあります(私の調査によればイギリスでもwake-up callが普通の英語ですが)。

 日本語ではモーニングコールが一般的ですが、これはイギリス英語のため、アメリカでは通じないこともあります。アメリカではwake-up callと言います。

 その他、ウィキペディアの記述、実際にホテルで使うこともあるという報告、さらには『現代英語教育』8月号(1994年)&10月号(1994年)の現地調査報告やコーパス検索結果を読むと、使用可能性がゼロとは言い切れないでしょう。ちゃんと理解してくれる人もいることは間違いありません。これらを全部総合して、私たちの『ライトハウス英和辞典』(第6版、2012年)が、「日英 「モーニングコール」のことを英語でmorning callとは普通言わない」(s.v. wake-up call)としている意味が(「普通」と但し書きを入れている)これでお分かりいただけるかと思います。❤❤❤

*アルジオ博士の観察によれば、この「午前中の訪問」の語義はすでには古語です(『ジーニアス英和』『ウィズダム英和』にはちゃんと≪古≫とありますね)。もはやそのような習慣はないので、全面的に削除するようにとのことでした。まだこの語義を堂々と載せている英和辞典もあります。困ったものです。

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中