髙橋真梨子3000回コンサート

 本日レコード会社のビクター・エンタテインメントから、髙橋真梨子(たかはしまりこ)さんの「サイン入りクリアファイル」が、宅急便で送られてきてビックリしました。彼女の最新アルバム『カタルシス』を購入したときに、応募していた懸賞に当選したとのことです。ラッキーでした。若い頃はよく懸賞に応募しては当選することが多かったのですが、最近はほとんど応募することもなかったので、久しぶりに嬉しい体験でしたね。

▲当選したクリアファイル

 大好きな歌手の高橋真梨子さん(69歳)が8月31日、神奈川・相模原市の相模女子大学グリーンホールで、ソロとして3,000回の節目となる公演を行いました。1973年に「ペドロ&カプリシャス」の2代目ボーカルとしてデビューし、1978年にソロに転向。翌年6月に東京・有楽町の読売ホールで行ったのが初のソロ公演でした。それから40年かけてたどり着いた金字塔。最初のあいさつで「ソロになって3,000回公演の記念すべき日です」と約2,000人のファンに伝えると、会場が大きな拍手に包まれました。「外は暑いけれど、今日を違う意味の『熱い日』にして一生懸命に歌います」と続け、45周年記念最新アルバム『カタルシス』の中の収録曲「雲母の波」「カリソメ」や、ヒット曲「桃色吐息」「ごめんね…」など、23曲を約2時間かけて披露しました。客席から「今日も世界で一番かわいいで~す」と声がかかると、ステージでフルートなどを演奏しているだんなさんのヘンリー広瀬(74歳)「ダンナはどうなの?」と笑顔で質問。僕もそう思っています」の返事に照れるシーンもあったそうです〔爆笑〕。

 最近、7月23日から、朝日新聞』で10回にわたって、「語る~人生の贈りもの」という髙橋真梨子さんの連載記事が掲載されましたね。なかなか中身の濃いインタビューを基に構成された記事でした。そこで、心に留まった発言を再録しておきます。

歌うとき、心の中や頭の中には感情がものすごく入っているんです。それをサラッと歌うのが私のやり方。歌詞がドバッと入ったところに、感情を入れすぎると、結構しつこいと思うんですね。感情を込めて、それでも邪魔にならないように歌うことに、ただひたすら集中しています。

中学で不良グループに入り、学校をさぼって喫煙もした。だがコーラス部は続け、中2からは歌を習った。嫌なことを忘れられた、という。

◎ホテルに帰ると、ヘンリーさんが私の部屋のバスタブにお湯を張って「お風呂入ってもう寝なさいよ」。そう言って自室に戻って行ったんです。私は酔ってるから、とにかく脱いでザブンと入るじゃないですか。バッチリだったんですよ。ぬるくもなく熱くもなく、うわーっ、あの人の配慮はすごいなーって。移動の電車はいつもヘンリーさんの隣の席だったので、 次の日、「昨日のお風呂の湯加減が最高だった」と伝えました。それがきっかけで、仕事以外のこともいろいろと話すようになったんです。彼は本当はものすごく愉快で面白い人なのに、キザっぽく自分を作っていたんです。だから付き合っている間に、私が衣を剥がしてあげたの。11年の交際を経て結婚。今年で25年になる。今のお風呂は自動で温素設定できるけど、コンサートで泊まる地方のホテルが自動じゃないと、今でもヘンリーさんが湯温を調節してくれます。何分後に入るかを計算して、ぴったりになるように。何から何まで尽くされっぱなし。彼がいなかったら私は生きていないんじゃないかと思います。

◎歌うことに妥協はしたくありません。いつでも同じ姿勢で、私は音楽と向き合ってきました。

◎でも、ここ数年は、体調が良くないのに歌っていていいのか、声がでなくなるんじゃないか、歌手生命が危ぶまれるんじゃないか、という恐怖心と闘っています。

 更年期障害に悩まされ、激しい疲労・発汗、震えや耳鳴り、食事もできなくなるなど、辛い日々を過ごされた真梨子さんでしたが、所属レコード会社によれば、2,000人以上収容の大規模ホールで、年間25公演以上を40年も続けている女性ソロ歌手は髙橋真梨子さんしかいません(男性歌手では、私の大好きなさだまさしさんが、45年間4300回以上のコンサートというのが大記録です)。コンサート終盤には、「来年にはラッキーセブン(70歳)になります。これからも1日1日、1本1本のコンサートを大切にしていきます」と誓いました。

 最新の『栄養と料理』10月号(女子栄養大学出版部)には、髙橋さんの「思い出の味」に関する興味深い情報が載っていました。 故郷でお母さんが作ってくれた「ちらしずし」の味が忘れられないと言います。博多で育った真梨子さんの得意料理は、ほどよい甘味のある筑前煮や肉じゃが、牛丼などの煮物全般。だんなさんが必ず朝食を作り、蒸し野菜を出してくれる。ブロッコリーや玉ねぎ、にんじん、しめじ、まいたけをポン酢やえごまオイルで味わう。今はアボガド納豆がブームで、ペースト状にしたアボガドに納豆を混ぜておしょうゆで食べる。これらの栄養価の高い朝食が、パワーの源になっていると言います。好きな食べ物は「バタートースト。バターが大好きで、全粒粉パンのトーストにたっぷりと塗って食べています。夫の倍は縫っていますね(笑)」。コンサートの前の食事はいつも「とりそぼろ弁当」。とりそぼろと卵の2色弁当に大根の煮物、こんにゃくとひじき。そしてステージ前には、お菓子のチョコパイをよく食べると言います。チョコレートの甘みがのどを潤して「さあ、歌うか」という気分にさせてくれるそうです。歌声を保つために、「ふだんの会話をできるだけ大きな声でしないようにすることかな。自宅で発声練習をすることもありますが、のどを休ませながら大事に使っています」と。

 この日で、ソロ公演の動員数は693万人を突破し、来年の700万人動員も見えてきました。あらためて、来ていただいたお客さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。お客さまの顔を見ると元気をもらえる。これからも前を向いていきますソロになって40年。レコードデビューからだと45年。圧倒的な歌唱力と存在感で心の琴線に触れる希代の女性ボーカリストは、ファンへの感謝の思いを胸にこれからも走り続けます。以下は、真梨子さんの残したとてつもない記録です。♠♠♠

▼2015年に発売したカバーアルバム「ClaChic」が、オリコントップ10入りの女性部門最年長記録(66歳3カ月)。2010年に「No Reason 2」で作った自己記録を更新しました。2017年のNHK紅白歌合戦に68歳9カ月で出場。これも自身の最年長記録を更新しています。

▼「音楽の殿堂」と呼ばれる米国カーネギーホールの大ホールで日本人で唯一、3回(1993年、2008年、2016年)もの公演を行いました。

▼300曲を超えるソロ作品中、150以上の楽曲で作詞を手掛け、ドラマや映画の主題歌を25曲も担当しています。

広告
カテゴリー: 私の好きな芸能人 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中