「模範解答」

 以前に、リッツ・カールトン・ホテル高野 登(たかののぼる)さんのお話で、99℃と100℃では大きな違いであることを話題にしました。⇒コチラです  両者はたった1度違うだけです。しかしこの1度の差が大きな違いを生み出します。どちらも熱いに変わりはないのですが、99℃でやめてしまったら、何も起きません。100℃になって初めて、いろいろと違う世界が生まれてきます。100℃に達すると沸騰を始め、沸騰した水は蒸気になって、蒸気機関をも動かす大きな力となるのです。成功しようと思ったら、99℃でやめるな、この100℃を超えろ、と生徒たちには言っています。

 最近、2学期の中間試験が終わりまして、答案を返却する際に「模範解答」も一緒に配布しました。解答が書いてあるだけです。生徒たちはそれを見て、自分の答案を直して終わり。私は今までずっと「模範解答」を作る際には(定期考査、課題テスト、校内模試、業者模試を問わず)、採点した際に間違いの多かった問題が一目で分かるように工夫し(★★、★印)、そして横に典型的な誤答を添えて、簡単なコメントを付けて、生徒たちに注意喚起を図っていました。ほんのちょっとした手間の差なんですが、この姿勢で3年間ずっと指導していくと、大きな違いを生み出すんです。私は「答案返却」の際には、平均点、得点分布だけでなく、特徴的な傾向、そして間違いの多かった問題の解説に1時間を費やしていました。解答を配って終わりと、少しばかり答案に踏み込んで解説を加えるのは、ちょうど99℃と100℃の違いのようなものであると感じています。でもこのほんのわずかな一手間が重要だと思ってやってきました。私の以前の定期考査の「模範解答」の一例を「ダウンロードサイト」に登録しておきました。⇒コチラです

 採点をする時に、生徒たちの大半が間違える問題にはちゃんとそれなりの理由があります。それを考えながら採点する。そして注意喚起を図る。それを長年続けていくと、生徒たちがどこで間違えるか?が手に取るように分かるようになります。以前に、北高の元ALT・ナディーン・ライト先生が、生徒の英作文の採点をする際に、数多くの生徒たちに共通する間違い英語表現をメモしてくれていたので、一緒に「日本の高校生の間違いやすい英語」という、高校生が陥りやすい誤り表現リストを作成しました。⇒コチラで全文を読むことが出来ます  当然のことながらこの知識・体験は問題作りに生かすことができます。試験の平均点をいかようにも調整することができます。校内模試」を校内平均40点/100点になるように作成する際には、予め問題作成の時に、各設問ごとに上位層と下位層の点数を予測し、全体がきちんとその近辺に収まるように電卓を入れながら調整していたものです。今はそういうことのできる教員が非常に少なくなりました。作りっぱなしで、ひどい結果になっても反省が生かされません。そもそも全体の平均点をコントロールしようという意識が希薄です。教員は問題作成で力がついていくんです。それを疎かにしていては、生徒の力も絶対につかない、というのが私の長年の持論です。模範解答」を見ながら、そんなことを考えていました。

 答案返却についても、思い出があります。私が若い頃に鍛えていただいた松江南高校・英語科では(ここで先輩の先生方にいろいろと教えていただいたことが、その後の教員人生に大きく影響しました。感謝あるのみです)、定期考査だろうが課題テストだろうが、実施日の次の時間には絶対に返却していました。当時は学年団による回し採点で、一人が遅いとみんなに迷惑がかかるので、結構苦しかったんですが、尊敬する先輩の先生からは、生徒はこの試験のためにものすごい勉強をして臨んでいるのだから、我々教員もそれに応えて早く採点をして返却してやらねばならない。「鉄は熱いうちに打て」で、記憶の新しいうちに反省を迫るのだ。1週間経ってから返しても生徒は全部忘れている!」と教えて貰いました。以来、そう思って、ずっと続けてきました。その気になればいくらでもできるんです。あるときなど、2時間目に終わった「課題テスト」を、6限の授業で返したときなどは、生徒は驚き呆れていましたが…。それを「忙しい…」と言い訳をして、1週間も投げておく、それでは力がつくわけもありません。尊敬していた故・渡部昇一先生も、「できない理由を探さない!」と言っておられました。私は今までそういう気持ちで教師を続けてきたように思います。❤❤❤

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中