テンコード(Ten Codes)

 最近、出雲で見た最新映画『スカイスクレーパー』の冒頭シーンは、警察無線の「10-24」と交信する場面から始まっていました。これは、警察の無線通信で使用するために、10と他の数字を組み合わせた作った用語(コード)で、警察司令部とパトカーの間で、連絡・質問・応答に使われるものです。中でも「10-4 Ten-Four(了解)」が有名ですね。

 学生時代に、高校時代の恩師、故・大谷静夫先生三島房夫先生に紹介されてはまったEd McBain(エドマクベイン)の警察小説を読んでいると、この「10コード」(Ten Codes)が、山のように出てくるんです。パトリシア・コーンウェルの小説にもたくさん出てきますね。ところが、他の小説に出てきたり、米国の知人に調べて貰ったコードが、マクベインが作品中で使っているものと一致しないことに気付きました。例えば、次の作品中には、10-30、10-34、10-13が出てきます。

 A burglary past, couple of blocks down and to the south. No need for a detective on the scene. If it had been 1 0-30, an armed robbery in progress, or even a 10-34, an assault in progress, he’d have responded along with the blues. He guessed. Sometimes it was better not to stick your nose into too many things. A 10-13― an assist officer― sure. Man called in for help, you got to the scene fast, wherever you were. ―Ed McBain, Tricks.

 そこで、著者のマクベイン自身よりも作品のことに詳しい(!)直井 明(なおいあきら)氏にお願いして、マクベイン本人に確認を取って貰いました。直井さんには『87分署のキャレラ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1984年)、『87分署グラフィティ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1988年 のち、双葉文庫)、『87分署シティ・クルーズ  エド・マクベインの世界』(六興出版、1990年)、『87分署インタビュー  エド・マクベインに聞く』(六興出版、1992年)などの詳細・緻密な研究書があり、マクベインが新作を書くときには、過去の作品情報を直井さんに質問する、と言われたほどの作品通です。するとまもなくお返事をいただいて、彼が作品中で使っているコードは、ニューヨーク市警察のもので、一般的なものを除いては全米でバラバラである(They differ throughout the U.S.)ことが判明しました(1998年5月7日付け私信)。そのことは、後の直井さんの著書にも紹介されています。ここに出てくる「島根県の進学高校の英語の先生」は、私のことです。

 警察無線用語の10コードは、テレビのおかげで、“10-4”(了解)がとりわけ有名だが、島根県の進学高校の英語の先生から、87分署シリーズの10コードが他の作家の使うコードと違う、他の作家だと10-13は天候・道路状況の報告だが、87分署シリーズでは“警官を支援せよ”の意味になっているがと問い合わせが来た、10コードは全米共通ではなく、地方によりばらばらだと聞いた記憶があったが、念のため、マクベインに訊ねてみると、確かに、10コードは全国共通ではなく、彼が作品の中で使っているのはニューヨーク市警のものだとのこと。  ―直井 明『エド・マクベイン読本』(早川書房、2000年)

 直井さんのご厚意で、マクベインが作品中で使っているコード表もお送り頂いて、長年のモヤモヤ感が解消したのを懐かしく思い出します。今では、山田政美・田中芳文『犯罪・捜査の英語辞典』(三省堂、2012年)、『エド・マクベイン英語表現辞典』(英語の言語と文化研究会、2005年)、『パトリシア・コーンウェル英語表現辞典』(第3版、英語の言語と文化研究会、2014年)にも詳しく取り上げられています。ご参考までに、直井さんに送って頂いたニューヨーク市警の10コードを示しておきますね。詳細は、八幡成人「語法ノートから」『啓林』高英編No.148(2000年)をご覧ください。⇒コチラで全文を読むことができます

N.Y.C.POLICE DEPARTMENT RADIO AND INCIDENT CODE SIGNALS 
10-01  Call your command
10-02  Report to your command
10-03  Call Dispatcher by telephone
10-04  Acknowledgment
10-05  Repeat message
10-06   Stand by
10-07   Verify address 
10-11   Bank or hold up alarm(specify)
10-12   Pickup case (location, nature of incident)
10-13   ASSIST POLICE OFFICER
10-20   Robbery (past)
10-21   Burglary (past)
10-30   Robbery in Progress
10-31   Burglary in Progress
10-34   Assault in Progress
10-39   Other crime in progress (specify)
10-51   Roving Band (Specify direction of travel & number in group)
                               <直井 明氏提供>

 

広告
カテゴリー: 英語語法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中