「カラコロ工房」ハロウィン装飾

 松江市殿町「カラコロ工房」では、ハロウィン・ウィークということで、ハロウィン風に飾り付けがされていました。お化けに見立てたオレンジ色や紫色の丸いオブジェ約60個が天井から吊されていました。石壁には怪しげな黒い木の影が施されています。観光客が盛んに写真を撮っていました。写真の奥の方に見える郵便ポストが、「幸運のピンクのポスト」です。⇒私の解説はコチラ


 東京・渋谷のスクランブル交差点では、仮装した若者たちが酒に酔い暴徒化して、軽トラックを横転させる、暴挙、喧嘩、盗撮、痴漢をするなど大騒ぎで、騒然となったそうです。ハロウィンというのは、そもそも古代ケルト人の悪霊退散の儀式かつ収穫祭が起源です。魔除けと収穫を祝うという面が発展して、米国ではお化けに扮した子供がお菓子をもらうイベントとなりました。それが日本では、仮装した大人が暴れて乱痴気バカ騒ぎをする、日本版ハロウィンとなりました。仮装というのは現実逃避で、平々凡々な日常からの解放と感じ、知らない者同士でもノリで一緒に盛り上がるお祭りと同じ精神作用が働きます。仮装しているところから、自分が誰か分からないだろうからという気持ちで、バカ騒ぎして無法地帯と化しています。仮装は結構ですが、人に迷惑をかけても平気というのがいけません。このハロウィンのバカ騒ぎは年々ひどくなっていく感じです。困ったものです。

 私は各所で、ハロウィンのイベントを楽しんで写真に撮って回っています。❤❤❤

▲東京ディズニーランドです

▲長崎ハウステンボスです

 

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中