竹内 均先生の教え

 もうずいぶん前、私が30代、松江南高校時代のことです。「松江くにびきメッセ」に、竹内 均(たけうちひとし)博士がやってくると言う。どうしても話を生徒たちに聞かせたかった私は、担任していたクラス全員を連れて大挙して講演会に出かけていきました。チケットは先生が「メガネの三城」のCMをやっておられた関係で、クラスの生徒で、会社をやっておられるお父さんに頼み込んで、手に入れてもらいました(今ではこの生徒、700人を超える従業員を抱える立派な社長さんです!)。講演を聴いた生徒たちが口を揃えて、「こういう人を本物と言うんですね。いいヒントをもらいました」と喜んでくれました。博士は70歳を越えて本を500冊近く書き、東大の名誉教授(地球物理学)を務め、雑誌『ニュートン』の編集長を務め、代々木ゼミナールの校長を兼務し、テレビに出演したり、全国を講演に飛び歩いておられました。一体どうしたらこんなに多くの仕事をこなすことができるのか。身体も頭も一つなのに、一人で「十人前」の仕事をこなしている先生が自分で実行して、驚くほど効果をあげている「頭脳鍛錬法」を全て開陳したのが、実例研究頭がよくなる本』 (三笠書房、1100円)でした。卒業生たちにずいぶん薦めてきましたが、「もっと早くこんな本を読めばよかった」と非常に好評だった本です。例えば、「時間がない、ない」とこぼす生徒諸君に、竹内先生が実行していることは「早寝早起き」です。しかも仕事のできる人はみんな朝で差をつけているという。朝8時前に飛び起きて遅刻ぎりぎりに登校したり、日曜日に朝9時、10時まで寝ているようでは話にならないということです。健康面だけでなく、頭の働きという点でも、朝はとてもいいという結論が出ています。センター試験本番前になって、慌てて朝早起きに直してもすぐボロが出ます。今のうちから心がけてみる価値のあることではあります。さらに竹内先生は、「限られた時間を有効に生かす7つのポイント」を挙げておられました。早速実行して欲しいものばかりです。

 ①チョットした「すきま時間」を上手に活用する(たったの15分でよい)!
②やるべきことの優先順位をきっちりつける!(1,2,3,4,5,…)
③全部を自分で背負い込まない!(助けてくれる友人を作る)
④問題を絶対に先送りしない!(今日できることは今日片づける)
⑤「死に時間」をなくす!(時は金なり)
⑥約束の時間は必ず守る!(信用は金で買えない)
⑦メモをこまめにつける!(習慣化をはかる)

  できる人はそれなりのことをやっているのですね。集中力」のない人には次のようなポイントが示されています。

 ①「成功」をイメージする。
②「締め切り効果」を利用する。
③ときには目先を変えてみる。
④自分に見合った目標を設定する。
⑤上手な気分転換を工夫する。
⑥悩みのタネは早めに取り除く。

  この竹内 均先生の本がリニューアルされて発売になっています。頭をよくする私の方法』 (三笠書房、1300円)がそれ。これは、以前に出版された竹内先生の2冊の本を大幅に加筆修正して再編集したものです。勉強方法がバッチリ分かります。「どうしたら最も効率よく勉強できるか?」これは、私がよく聞かれることです。私はこうした質問に対しては、「あなたが健康で、やる気さえあればいい」と答えることにしています。考えてみると、誰でも仕事をもっているかぎりは、勉強する時間など簡単に生みだせるわけがありません。時間というものは、自分がその気にならないかぎりは、決して生み出せないものなんです。逆に、時間を作ろうと本気で思えば、どんなに多忙な人でも自然に自分のための時間は生まれてきます。要するに、これは「やる気」の問題である、と竹内先生はおっしゃっておられました。

  私は、竹内先生の本からは数多くのことを学ばせてもらいました。中でも「理想の職業論」というのがあって、自分にとって最高の職業とは、①好きなことをやって、②それでメシが食えて(生活ができる)、③時々人から感謝される」だと言われます。そういう職業に就ければ最高だというのです。確かに自分のことを考えてみても、私は英語が大好きで、生徒に教えるのが三度の飯より好きです。十分な給料をいただき、時々生徒や保護者からお礼・感謝の言葉をいただいたりする、こんな幸せなことはありませんね。だから毎日が楽しいのです。楽しいからもっと高い目標を目指すことができます。生徒諸君にも「君たちにとってこのような職業とは何だ?」と尋ねることにしています。竹内式「最強の勉強法」「頭脳の鍛え方」を是非真似てみてもらいたい、強く強くお薦めしたい本です。★★★

広告
カテゴリー: 日々の日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中